宮城県の車買取は軽自動車が有利?年式やグレードも重要ポイント!

宮城県は、仙台を筆頭に東北で最大規模の都市を持ちます。車買取市場においては、他県とはどういった違いを持つのでしょうか。今回は、宮城県の車買取事情を検証し、ご紹介します。

宮城はどのエリアでも車が必要不可欠

東北地方の中心都市という印象が強い宮城県ですが、都市的機能を持つ中心エリアとそれ以外の地域では、車社会にどういった違いがあるのでしょうか。まずは、宮城県の人口・気候・地理的条件から、車買取事情を検証します。

宮城県の人口と車の普及率

宮城県の人口は約230万人で、47都道府県の中では14番目に多く、東北では最大の人口を抱える県です。しかし、その人口の大部分は、県庁所在地でもある仙台市に集中しています。

仙台市は政令指定都市ですが、杜の都と言われるように、豊富な自然と景観の良さから多くの観光客が訪れています。仙台市の人口は約108万人と、宮城県全体の半数近くが住んでいる計算になります。宮城県自体も仙台市を中心に発展してきた経緯があるため、県内格差があるのも実情ではあります。

そして宮城県は、東北の中でも気候が穏かだからか、東北人らしからぬ県民性も注目されます。人当たりが良く、大らかで明るい県民性が特徴で、流行に敏感な一面も持っています。また負けず嫌いな特徴もあるので、車選びにおいても、車種やグレードの高級感も重視される傾向にあるようです。

宮城県全体での1世帯当たりの保有台数は、1.279で全国では25番目に高い数字となっています。100万人以上の大都市を有する県は、車普及率が下がる傾向にあるのですが、宮城県は県内全域で車普及率が高い傾向にあります。

先ほど挙げた県民性も影響しているのか、公共交通機関が発達している仙台市においても、他の政令指定都市より、高い普及率となっています。

気候や地形など

宮城県は、東は太平洋に面し、豊かな漁場と日本三景の一つ松島をはじめとする風光明媚な観光地などに恵まれています。そして西には、蔵王・船形・栗駒などの山々が連なり、四季折々の鮮やかな景観が人々を楽しませます。そして中央部には、有数の穀倉地でも仙台平野が広がります。

地形的に見ると、宮城県は山間部・沿岸部・平野部で大きく構成され、それぞれの自然環境に調和した生活環境を形成しています。そして、気候的にも東北地方の他県とは異なり、比較的穏やかで過ごしやすくなっています。

宮城県の気候は、平野が広がる東部と山地が多い西部に大きく分けられます。東部は太平洋に面しているため、海風が入りやすく、夏は比較的過ごしやすく。東北地方の中では冬も暖かい平均気温となっています。

奥羽山脈の裾野にあたる西部は、夏は過ごしやすいものの、冬は奥羽山脈をこえる季節風の影響を受け、県内では比較的降雪の多い地域です。したがって、仙台平野を中心とする東部では、車選びの気候的要因は少ないと言えるでしょう。その反面、西部では他の東北地方の県と同様に、走破性の高い車が好まれる傾向にあります。

道路事情、公共交通機関について

宮城県全域を見ると、地形的な要因こそありますが、比較的道路の広さも確保され、運転しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

ただ仙台市内になると、中心部では慢性的な渋滞が発生しています。仙台市中心部では、最大4車線が確保されていますが、他の市町村と比べると、車での移動時間は予測しづらいと考えられます。

そして公共交通機関は、仙台市以外では充実していると言い難い状況ですので、車の必要性は非常に高いようです。そのため、各世帯においても車の保有率も高く、仙台市以外の移動は自家用車が基本となるようです。

また仙台市においても、中心部と郊外では、公共交通機関の充実度が違ってきます。仙台市では、JR・バス・地下鉄という公共交通機関を利用することができますが、バスは慢性的に渋滞からか、時間通りに進まないという課題があり、利用を不便に感じている方もいるようです。

ただ仙台市は、郊外に住宅地として開発されたエリアが多いため、駐車場も確保しやすい環境にあるようです。こうした背景から、仙台市は政令指定都市でありながら、車の普及率は比較的高い水準を保っています。

そして宮城県全域を見ても、車は移動に必要不可欠なものとして、各世帯で保有されています。

宮城で人気の車種

続いて、宮城県内で人気の車種と傾向についてご紹介します。

宮城県の中古車人気ランキング

宮城県で人気の中古車は、2019年3月現在の価格.com人気中古車ランキングによると、下記のような結果となっています。

  1. スズキ・ジムニー
  2. スズキ・スペーシアカスタム
  3. スズキ・ワゴンR
  4. スズキ・スペーシアギア
  5. スズキ・スイフトスポーツ
  6. ホンダ・フィット
  7. フィアット・フィアット500
  8. トヨタ・アクア
  9. スズキ・ハスラー
  10. トヨタ・アルファード

上位5車種をスズキが占めています。どの車種も軽自動車市場の中で注目度が高く、トレンドも反映された結果だと言えます。

宮城県内では、スズキ車の人気が高い傾向にあり、仙台市内を見ても多くのスズキ車が走っています。さらに後述する地域性もスズキ車を選ぶ要因になっていると考えられます。

宮城県では軽自動車のリセールバリューが高い

宮城県では、車がないと通勤や日常の買い物で不便を感じてしまう環境にあります。結果として、多くの世帯で車を保有していますが、利便性の高さや小回りの聞く車が好まれる傾向にあるようです。

宮城県で販売台数が多い中古車を調べると、上位5位を軽自動車が占めていました。そして、販売台数においても、月別・年別の順位変動が激しく、流行に敏感な特性が反映されている結果が見えました。

また、買取業者の査定実績を確認すると、軽自動車のリセールバリューは高いですが、古い年式になると相場が下がりやすい傾向にあるようです。

反対に年式が新しい車種になるほど、相場は落ちないので、宮城県内で車を売却する際には、年式が新しい車であればあるほど有利になりそうです。逆に年式が古い車であれば、オークションや海外での輸出をメインに取り扱う業者に依頼すると良いでしょう。

また同じ車種においても、宮城県の方は装備品が充実している上級グレードや特別仕様車を好む傾向にあるようです。ボディカラーは、西部ではホワイト・ブラック系が強いのに対して、海風の影響を受ける東部では、メタリック系のカラーも一定の需要があるのが確認できました。

したがって、宮城県の車買取においては、メタリック系の軽自動車で上級グレードであれば、他県よりも高値で取引されることが期待できます。

宮城の車買取おすすめ店舗一覧

続いては、宮城県の車買取おすすめ店舗をご紹介します。

株式会社横浜ユーポス 仙台支店

  • 住所:宮城県仙台市宮城野区中野神明51−9
  • TEL:  022-794-7290
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:年中無休

独自の流通システムで高価買取

横浜ユーポス仙台支店では、買い取った車をいかに短期間で販売するか・市場をリアルタイムで理解しているかを重視し、買取サービスを行なっています。 在庫を一切置かない流通システムにより、コストは最小限に抑えられることから、ユーザーには最大限の還元が可能です。

ユーポスの査定員は、ユーポス本部査定システムにより、全国の相場を把握しながら査定金額を算出しているので、 買取金額を正確に、速やかに提示できます。

車買取専門店ドライブ

  • 住所:宮城県仙台市若林区蒲町33−15
  • TEL:022-352-0966
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:年中無休

地域密着型営業

高値買取を基本とし、安心して利用できるように、丁寧な対応を心がけています。無理な契約を迫ったり、しつこく連絡を取ったりと圧迫するような営業は、一切しないスタイルで、双方が納得して取引できる雰囲気を作ります。 利用者の要望に合わせた買取プランを提案し、地域密着型営業ならではのフットワークの軽さを強みに、満足のいく査定を行います。

アドバンスオートモービル株式会社

  • 住所:宮城県仙台市若林区六丁の目西町8-12
  • TEL: 022-288-3411
  • 営業時間:9:00〜19:00
  • 定休日:水曜日

外車の査定に絶対の自信

輸入車を専門的に扱っているので、独自のノウハウとネットワークを形成しています。日本の中古車市場では外車のリセールバリューが低い傾向にありますが、輸入車のことを熟知しているので査定額にも自信を持っています。買取エリアは東北地方及び全国の買取も可能とし、全国の外車ファンから高い評価を得ています。

株式会社クローバー古川店

  • 住所:宮城県大崎市古川江合錦町2−4−1
  • TEL:0229-25-9926
  • 営業時間:10:00〜19:00
  • 定休日:年中無休

中間マージンを省いて高価買取

クローバー古川店ではダイレクト販売を推奨し、中間マージンを省くことにより高価買取を実現しています。高価買取、そしてお買得価格で提供するため、少人数で運営して徹底ぶりです。買取だけではなく中古車の購入客からの評価も高く、在庫は常に少ない状態なので、高値で取引が可能です。

エヌケーアール・オート

  • 住所:宮城県石巻市門脇23-4
  • TEL:0225-98-5275
  • 営業時間:10:00-19:00
  • 定休日:火曜日

顧客サービスの限界に

中古車の買取はもちろん、廃車になる車も買取可能です。また建設機械、フォークリフト、農機具等なども、流通のノウハウを持っているため、高額査定を実現します。大手にはない地域密着性を強みに、アットホームな対応で安心して長く付き合える買取業者を目指しています。

まとめ

今回は、宮城県の車買取について検証し、ご紹介しました。宮城県は、東北地方の中心的役割を担っていますが、県民性や気候などで少し違った特徴を持ちます。また仙台市とそれ以外の市町村ではライフスタイルも異なりますが、全県的には車は必要不可欠な存在になっているようです。

宮城県では、特定の車種が長く人気を保つケースは少ないですが、年式が新しく上級グレードであれば、リセールバリューが高くなる傾向にあります。あくまで平均的な傾向なので、買取業者によっても違う特徴を持ちますが、宮城県で車買取業者を利用する際には、参考の一つとして捉えてください。