秋田県の車買取業者は地域密着型が多い?人気車種と地域の関係性

秋田県は、世界に誇る自然や景勝地が数多く残されていて、ドライブが楽しい地域です。秋田県で生活している人は、どんなカーライフを送っているのでしょうか。また秋田県の買取業者には、どんな特色があるのでしょうか。今回は、秋田県の車買取事情を検証し、ご紹介します。

秋田県では雪に対応できる車種であることが重要

東北地方に位置し、かまくらなど豪雪地帯としての印象が強い秋田県では、車はどのように活用されているのでしょうか。まずは、秋田県の人口・気候・地理的条件から、車買取事情を検証します。

秋田県の人口と車の普及率

2018年10月1日の推計人口によると、秋田県の人口は約98万人です。47都道府県の中では38番目で、東北では一番人口が少ない県となっています。豪雪地帯で多くの地域では過疎化が進んでいるため、人口は年々減少傾向にあるようです。

秋田県は、国内有数の豪雪地帯のため、車の所有においても独自の文化があるようです。積雪から車を保護するために、一軒家では車庫やカーポートがあるのが当たり前の光景となっています。

そして車も、積雪に対応できるような寒冷地仕様や走破性の高い車種が好まれる傾向にあります。一般財団法人自動車検査登録情報協会 が2018年3月に調査した、秋田県全体での1世帯当たりの車普及率は、1.390となっています。全国47都道府県の中で、16番目に大きい数値となり、秋田県が車社会であることを裏付ける結果となっています。

面積が広く公共交通機関の利便性はあまり高くないことから、秋田での日常生活において、車は必要不可欠な存在です。そして秋田市内においても、他の県庁所在地と比較しても駐車場代が安く、市街地でも利用しやすいことが、所有率を押し上げている要因の一つと言えます。

秋田県内では、車が最適な移動手段という認識が強いので、国道・県道・高速道路など、各所のインフラ整備が進んでいます。

気候や地形

秋田県は、日本列島の北西部に位置し、東西に約70km、南北に約170kmの長方形のような形状をした全国で6番目に広い県です。秋田県の西部は日本海に面し、東部の県境は南北に奥羽山脈が連なっています。

そのため秋田県の気候は、典型的な日本海型の気候となっています。冬期は北西の季節風が強く、雪だけではなく雨が降る日も比較的多くなっています。さらに冬場の秋田市は強風が吹く日も月の半数程度あり、晴れる日は1ヶ月のうち1週間程度です。

そして車を運転する上で警戒すべき降雪量は、沿岸部で少なく内陸部になるにつれて多くなっていきます。降雪量が最も多いとされる湯沢市では1メートル弱の積雪も珍しくありません。

梅雨時期はは太平洋側に比べ日照時間が多いので、運転で苦労をすることは少ないですが、梅雨末期に大雨となる年も確認されています。気候や地形を統計的に見ると、他の東北地方の県同様に、冬場の運転には最新の注意が必要なようです。

冬は路面凍結によるスリップ事故が起こることが多く、スタットレスタイヤやチェーンは必需品と言えるでしょう。秋田県の方は、このような環境に慣れているので、タイヤ交換やチェーンの装着が非常に手際が良いとのことです。

公共交通機関について

秋田県は、秋田市や東北新幹線の沿線以外では、公共交通機関が不便な環境です。インフラ整備においても、国道や高速道路が優先されているので、車社会が他県よりも濃い状況が見られます。

そのため、秋田市を中心に通勤時などは国道が渋滞する傾向にあり、地元の方は、農道や山道を通ったほうが信号も少なくて便利だと考えているようです。このような背景があるために、やはり秋田県の方にとって車は必需品と言えるのではないでしょうか。

ただ、冬場の運転には注意が必要で、車の性能も雪に対応できる車が求められます。その結果、豪雪地帯ならではの車の需要があるのではないかと、考えられます。

秋田で人気の車種

続いて秋田県で人気の車種についてご紹介します。

秋田県の中古車人気ランキング

秋田県内の、価格.com人気中古車ランキングは、下記になります。

  1. スズキ・ジムニー
  2. トヨタ・アルファードハイブリッド
  3. ホンダ・N-BOXカスタム
  4. スズキ・ワゴンR
  5. 日産・ノート
  6. スズキ・スペーシアカスタム
  7. トヨタ・ヴェルファイア
  8. スズキ・クロスビー
  9. スズキ・ラパン
  10. 日産・キューブ

特に北日本で人気の強いジムニーが、秋田県でも1位に入っています。4WDならではの走破性の高さと、ノスタルジーを感じさせるようなモデルチェンジで人気が高まっていることが伺えます。しかし、それ以外の車種を見ていくと燃費性能が高い車種が、ズラッと並んでいる傾向が分かります。

ミニバンも、アルファードとヴェルファイアがランクインしていますが、どちらも高級ミニバンとしては驚異的な燃費性能を持っています。また車重があり安全装備が充実しているので、安定感のある走りで、雪深い冬場も安全性を評価されたのではないかと推察します。

秋田県でリセールバリューの高い車は

ランキングを踏まえて検証すると、秋田県内では走破性の高さや低燃費性を特徴としている車のリセールバリューが高いと考えられます。そして、3世代・4世代同居も多い地域性があるので、乗車定員が多いミニバンも一定の人気は保っています。

ミニバンの中でも、排気量や燃費性能でコストパフォーマンスが特に評価されている車種が、買取価格も期待できるでしょう。逆に後輪駆動は秋田県での人気は、あまり高くないようです。

後輪駆動車の加速力などは評価されますが、悪路での走破性が、前輪駆動や4WD車と比較するとやや安定感に欠けます。秋田県内の買取業車を利用しても、オークションへの出品を検討している業者が多い傾向にあるので、中間マージンの関係で査定額が下がる可能性もあります。

秋田県内で後輪駆動車を所有している方は、後輪駆動車を専門的に扱っている業者を探すか、車一括査定サイトなどで高く買い取ってくれる業者を探すことをおすすめします。

秋田の車買取おすすめ店舗一覧

続いては、秋田県の車買取おすすめ店舗をご紹介します。

(有)カーボックス 牛島店

住所:秋田県秋田市牛島東1−5−10
TEL: 018-831-6506
営業時間:9:00~19:00 (祝日は9:00~18:00まで)
定休日:年中無休(年末年始・GW・夏季除く)

国道13号線沿い黄色い看板が目印のカーボックス牛島店は、秋田で長年に渡り新車・中古車の販売を行っています。 地域に密着しお客様の満足を追求してきた実績を自信に、大切な愛車を評価しています。 どんな車でも魅力や良さを見つけ出し、最大限査定価格に反映することを心がけています。

カープランニング

住所:秋田県秋田市茨島2丁目1-21
TEL:018-827-4016
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日・年末年始・GW・夏季

迅速な現金支払い

カープランニングでは、小型店ならではのスピーディかつ融通無碍な対応を心掛けています。必要書類と引き渡しの用意が出来ていたらすぐに現金支払いが可能なのも嬉しいポイントです。強引な営業や駆け引き等一切行わないので、明るく優しいスタッフのファンになる利用者も多いようです。

カープロデュース

住所:秋田県横手市柳田字持田170
TEL: 0182-23-7211
営業時間:9:00〜19:00
定休日:年中無休

地域密着型のサービス

地域密着型のきめ細かいサービスが魅力のカープロデュースは、迅速に査定し高価買取を実現します。また、廃車手続きや名義変更など車の煩わしい手続き代行も安心して任せられます。買取をはじめ、中古車流通に幅広い知識を持っているので、カーライフをトータルサポートしてくれます。

株式会社高憲商事 マイカーセンター湘南ドリーム

住所:秋田県湯沢市柳田字神幸田185-2
TEL:0183-73-2170
営業時間:9:00〜19:00
定休日:年中無休

パーツもしっかりプラス査定

車の高額査定はもちろん、パーツなどのアイテムもしっかり丁寧に査定します。買取した車はオークションではなく小売がメインになりますので、余分な中間マージンがありません。過走行・事故車も地域一番の買取価格で引き取ることを目指しています。

ステージモービル

住所:秋田県大館市本宮字八兵エ岱85-2
TEL:0186-59-4627
営業時間:10:00-19:00
定休日:水曜日

正直に車や顧客と向き合う

買取をはじめとする中古車業務を通じて、地域のカーライフを応援しています。プロだからこそ正直に車と顧客と向き合い、長く愛される店舗作りを心がけています。他社で引き取りを断られた車でも、その魅力を引き出せるようにしっかり丁寧に査定します。

まとめ

今回は、秋田県の車買取について検証し、ご紹介しました。

秋田県は特に内陸部が豪雪地帯となるため、車選びにおいては冬場を乗り切れる車種であることが重要となります。走破性の高さや低燃費性を特徴としている車種であれば、リセールバリューは期待できるでしょう。

逆に後輪駆動車は、人気が低い傾向にあるので、後輪駆動車を専門的に扱っている業者を探すか、車一括査定サイトなどで高く買い取ってくれる業者を探すことをおすすめします。秋田県内では、大手以外にも地域密着型の店舗が積極的に買取をしているので、様々な店舗にアプローチをし、高価買取してくれる業者を見つけましょう。