高松で車を買取に出すには?売りに出す時期にも要注意

高松市だけでもたくさんある買取業者。クルマの買取は大きな金額のやりとりになるため不安がつきものかと思います。「本当にこの価格でいいのか?」「無理やり商談を進められるんじゃないか?」など、そんな疑問や不安の解決に向けて、実際口コミを取り入れながらおすすめの店舗を紹介します。

高松市の特徴と車の関係について


高松市が位置する香川県は四国の北東部にあり、全国で最も面積の小さい県です。どのぐらいの小ささかというと、日本の国土面積のわずか0.5%で、日本一大きな北海道には、香川県が44個も入ってしまう計算になります。高松市の北側には瀬戸内海に面した中心市街地が発展し、南側には讃岐山脈へと続くのどかな田園風景が広がっています。

高松駅近くで生活するのであればクルマを持たずとも生活できると思われますが、郊外ではまだまだ電車やバスの交通機関の発達が乏しく、生活するにはクルマが必需品となってきます。

高松市の人口や年齢別世代の割合

香川県の全人口は約97万人。そのうちの42万人が高松市に住んでいます。香川県全体や他の地方都市が人口減少問題に直面する中で、それに反して高松市の人口は四国内からの移住を基盤として年々増加傾向にあります。高松市では移住の受け入れに力を入れており、移住者に向けて家賃の補助や引っ越し費用の援助なども行っています。

年齢別人口構成比は、0〜 8歳、28〜 37歳、56〜58歳の3世代で全国平均を上回り、逆に19〜24歳の若年層は全国平均を下回っています。その理由としては香川県では19〜24歳世代の約半数が大学・大学院へ進学しているにもかかわらず、県内の大学が非常に少ないことが挙げられるでしょう。

瀬戸内海に面した高松市の気候

高松の気候は瀬戸内海の影響を大きく受けており、1年を通して比較的温暖な気候に恵まれます。年間を通じて降水量は少なく日照時間数が多いため、渇水に襲われる事も多々あります。台風や梅雨前線による大雨、台風による高潮に襲われる事も多々ありますが大規模な被災に発展したことは少なくなっています。

高松市の道路事情

高松市内はクルマの利用者が多いこともあり、公共の交通機関よりも道路の整備が優先的に行われています
高松市が位置する香川県は高松自動車道が東西に貫通し、対岸の本州とは瀬戸大橋で有名な瀬戸中央自動車道で結ばれており、一般国道は高松道と平行する国道11号が県内の最重要動脈になっており、南の讃岐山脈を越える幹線道路も多数存在しています。
平地の多い香川県は国内でも特に道路事情が良く、全ての主要国道は4車線以上のバイパスが完備されているほか、幹線道路として機能する県道や市町道もほぼ全てが4車線以上の規格の高い道路で構成されています。
また香川県内でも特に平地が多い高松市では自転車の利用者もかなり多く、【自転車王国】とまで言われています

高松市の公共交通機関について

高松には<JR四国>と<高松琴平鉄道>の2つの鉄道会社の列車が走っています。
JRは大きく分けて4路線、中には本州につながっている岡山・東京方面の路線も含まれ、高松市郊外への移動へは高松琴平鉄道(通称、ことでん)の利用が必要になります。

高松市中心部ではバスも発達しており、本数も少なくありませんが、郊外では路線バスが行き届いていない地域もあり、そのような地域ではコミュニティバスの巡回などがあります。コミュニティバスの巡回はしているものの、実際の生活する上での買い物や通勤や子供の送り迎えはクルマの所持が必須と言えるでしょう。

高松市でよく乗られている車

それでは高松ではどのような車種がよく乗られているのでしょうか。価格.comの人気中古車ランキングで調べてみると、以下のようなランキングでした。

  1. レクサス UX
  2.  トヨタ ヴェルファイア
  3.  トヨタ プリウス
  4.  ホンダ N-BOXカスタム
  5.  三菱 デリカD:5
  6.  スズキ ジムニー
  7.  トヨタ アクア
  8.  マツダ アテンザ
  9.  ホンダ フィット
  10.  マセラティ レヴァンテ

ミニバンやコンパクトカー、軽自動車、SUVなど様々な種類がランクインする結果となりました。他県ではなかなか見られない高級輸入車であるマセラティがランクインしています。

高松市の車買取おすすめ店舗一覧

それでは高松でおすすめの中古車買取業者を見ていきましょう。

ガリバー

特徴

ガリバーは全国展開している中古車取り扱いの大手専門業者の一つです。滋賀県内は6店舗展開されており、高松にはそのうちの5店舗が位置しています。店舗数が多いため実際に足を運びやすく、売却前にスタッフの接客などを確認することができるので安心ですね。

扱っている車

メーカーや車種、国産車・輸入車を問わず、どんなクルマでもオールラウンドに取り扱っているようです。全国を網羅する約130ヶ所のオークション会場から集められた最新の相場価格データを、本部がリアルタイムで把握しているため、それに併せた高価買取を売りとしているようです。

評判、口コミ

夜間の対応など売り手の都合に合わせた柔軟な対応が高評価を生んでおり、比較的プラスな口コミ(ナビクル参考)が多く見られました。買い取ったあとの車の活用方法の説明や双方の希望額に折り合いをつけるための丁寧で誠意のある対応だったという書き込みも見られましたので、気持ちの良い取引にもつながることでしょう。

カーセブン

特徴

全国展開している大手企業のひとつであるカーセブンは、買取った車をオークションには出品するのではなく、カーセブンの店頭で中古車として直接販売し、仲介手数料を削減を実現、買取価格に還元しているようです。
全国展開ならではの会社独自のネットワークを駆使し、需要の高いクルマや品薄になっているクルマをしっかり把握することも高値買取の要因のひとつと見られます。
また、他にはない魅力のひとつとして<楽天>や<マイレージクラブ>など、大手ポイントプログラムと提携し、中古車査定の申込だけでポイントがゲットできるシステムがあるようです。

扱っている車

ガリバーと同様、メーカーや車種、国産車・輸入車を問わず、どんなクルマでもオールラウンドに取り扱っているようです。

評判、口コミ

対応のスピーディさや予想外の高値に納得した取引ができたという口コミ(車選び.com参考)が多々ありました。

シーボーイ

特徴

西日本に展開をしている自動車事業全般を取り扱うシーボーイ。自社グループで中古車オークション会場からリサイクル部門まで一貫して運営しているため、無駄なコストを削減できることが高値買取の理由になっているようです。
廃車になってしまうようなクルマは部品として買取、まだまだ乗れるけど走行距離数的に日本では買取手がつかない、という場合は独自の海外への中古販売ルートを確保しているようです。

扱っている車

幅広いメーカーや車種、国産車・輸入車などを取り扱っていますが、現在高値がつくランキング上位3位は、1位トヨタ ランドクルーザープラド、2位トヨタ エスティマ、3位トヨタ ヴェルファイアの順位となっているようです。

評判、口コミ

「売却が成立したあとのアフターサービスも丁寧だった」、「即決性、担当者の誠意と勢い、本気度が感じられ、ここで決めたいと言う思いになりました。」というスタッフの人の良さがわかる口コミ(ナビクル参考)が見られました。クルマの買取といっても結局最後は人と人とのやりとりになります。信頼できるスタッフのいるお店に任せるといった理由も大事な選択肢のひとつでしょう。

CAR SHOP K’s

特徴

観音寺市にお店を構える香川県全域に対応した地域密着型の買取業者です。売り手から買い取ったクルマを店頭で再販することによって通常のオークション仕入れでかかってしまう経費を削減、<高く買って、安く売る>ということをモットーに掲げています。
また査定額はその場の勘や何となくでは無く、きちんと日々動く相場データ>に基づいて行っているため、大企業にも負けない高価買取を実現しているようです。

扱っている車

メーカーや車種、国産車・輸入車を問わず、「値段のつかないようなクルマも一度ご相談ください」とのことでした。どんなクルマでもオールラウンドに取り扱っているようです。

(株)BUDDICA(バディカ)

特徴

高松市牟礼町に店舗を構える地域密着型の車の業販専門店です。クルマのヤフーオークションのような<オートサーバー>から 五ツ星認定もされているようで、買取値は、大手買取企業よりも高値で買うことが自慢と謳っています。 売却後の次のクルマの購入にも相談にのってくれるようで、地域密着型ならではのきめ細やかな対応が伺えます。

扱っている車

メーカーや車種、国産車・輸入車を問わず、どんなクルマでもオールラウンドに取り扱っているようです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。クルマの買取は、実際のクルマの状態や、年式、買取時期によっても異なります。中古車市場がもっとも活発になるのは3月と9月と言われています。当然ながら活発な時期は業者も混み合ってしまうため、予定には余裕を持ってしっかり納得のできる業者を探しましょう。