世界のホンダ!高価買取りが可能な軽自動車のNシリーズを徹底解説

ホンダの軽自動車が常にランキング上位に指示されるのは、世界のホンダと言われるその技術力にあります。ホンダでは、高級車と軽自動車に境目を作らず、軽自動車でもホンダの技術を体感することができます。今回は、軽自動車業界第3位のホンダについて紹介していきます。

ホンダの原点は軽自動車にあり

ホンダの自動車メーカーとしての原点は、1963年に発売した【T360】と言う軽トラックでした。四輪車の実績は当然あるはずもなく、初めて開発したT360でしたが、いきなり日本初のツインカムエンジンを搭載して発売したことで注目を浴びました。技術のホンダと呼ばれるようになったのは、F1で培った技術ではなく、創業当時からホンダの技術はズバ抜けていたのかもしれません。

T360の後に販売された軽自動車【N360】も、小さなボディの車に大人が4人乗れる室内空間を実現して、ホンダの技術力の高さを自動車業界に見せつけた車です。このN360こそ、現在ホンダの主力軽自動車【Nシリーズ】の原点となった軽自動車です。

OEM供給をしない独自のブランド

日本に存在している主要自動車メーカーの中で、自社が開発した車を他社へ供給する【OEM】を行っていないのはホンダだけです。

ホンダ以外の主要メーカーは、開発費用や生産コストの大幅な削減もできるので、OEMのロイヤリティや他社の販売ルートが利用できるなどメリットが大きく、OEM供給をどの自動車メーカーも活発に行っています。ホンダは、他社に頼ることなく開発から生産・販売まで全て単独で行っています。

ホンダ製車両の特徴

F1でのホンダエンジンの活躍は有名ですが、他社に頼ることなく完全に独自開発を行っているホンダの技術は日本一と言って良いでしょう。ホンダの技術は創業当時から抜けていましたが、日産などターボに頼ったビッグパワーのスポーツカーが流行っているときでも、ホンダは自然吸気エンジンに拘っていて、ターボエンジンに勝るとも劣らない性能を誇っていました。

ターボ車と比べて自然吸気エンジンにこだわっていたのでパワーではどうしても劣ってしまうのですが、パワーが無い分ホンダ製の車両は他社と比べて軽いのが特徴です。ホンダの技術はエンジンだけではなく、パーツのレイアウトやパーツの軽量化にまで及んでいます。

軽自動車でも高性能エンジン搭載

ホンダの代表的な先進技術は、【VTECエンジン】と言って良いでしょう。VTECエンジンの車に乗ったことがある人は、体感したと思いますが、自然吸気エンジンとターボエンジンの良いところだけを採用したエンジンになっています。

ターボエンジンのデメリットは、ゼロから発進した時の加速の鈍さで、自然吸気エンジンのデメリットは、高回転でエンジンがもたついてパワーダウンしていくことです。

ホンダのVTECエンジンは、低域では自然吸気エンジンの加速が味わえて、中域から高域にかけては可変バルブが作動して、ターボエンジンのような高回転の伸びを味わうことができます。

ホンダのVTECエンジンは、低域から高域までF1マシーンのようなエンジン音・走行性能を市販車で体感することができます。他社のエンジンでは味わうことができない高性能VTECエンジンですが、ホンダでは軽自動車にもVTECエンジンを採用しているところが凄いです。

ホンダのおすすめ軽自動車N-BOX

ホンダのおすすめ軽自動車の筆頭は、N-BOXです。ホンダの長い歴史の中で、最も早く累計販売台数100万台を達成したN-BOXは、現在のホンダの看板車種となっています。

軽自動車人気ランキング上位常連

N-BOXは、2014年に新車軽自動車販売台数No.1に輝きましたが、2017年には普通車も含めた新車販売台数でも国内No.1に輝きました。軽スーパーハイトワゴンのN-BOXですが、その開発に携わった顔ぶれが凄いのです。軽自動車なのに第2期ホンダF1チームのメンバーがN-BOXの開発に参画したのです。

新設計のNシリーズ共通プラットフォームを採用したり、室内空間を最大限広くするため、燃料タンクを後部座席の下へ配置するセンタータンクレイアウトをホンダの軽自動車では初めて採用するなど、様々な工夫がなされました。その結果、軽自動車人気ランキングの上位常連に指示されるまでになりました。

N-BOXの性能一覧

N-BOXの性能でまず取り上げたいのは、軽自動車では初となる【横滑り防止装置】と【坂道発進補助装置】が搭載されたことです。コーナーでの横滑りを防止する装置と坂道発進でブレーキを離しても車が後ろに下がらないシステムが全車に標準装備されています。

また、N-BOXに搭載されているDOHCエンジンは、ホンダ創業時に発売されたT360に搭載されたDOHCエンジン以来となることと、4バルブDOHCエンジンに至ってはホンダ軽自動車では初めての搭載となります。車体が重たい軽スーパーハイトワゴンのN-BOXですが、ターボエンジンでは1,500ccクラスの走りを体感することができます。

●自然吸気エンジン性能

エンジン :S07B型水冷直列3気筒横置DOHC

排気量  :658cc

最高出力 :58ps

最大トルク: 6.6kgf・m

燃費   :27.0km/L(JC08モード)

●ターボエンジン性能

エンジン :S07B型水冷直列3気筒横置DOHCターボ

排気量  :658cc

最高出力 :64ps

最大トルク:10.6kgf・m

燃費   :25.6km/L(JC08モード)

※データ参考サイト:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/performance/active-safety/

ホンダのおすすめ軽自動車N-WGN

ホンダ軽自動車【Nシリーズ】の第4弾として発売されたN-WGNは、軽トールワゴンと軽スーパーハイトワゴンの中間にあたる新しい形の軽自動車です。

N-WGNの性能一覧

N-WGNの特徴は、Nシリーズの中で最も経済的に優れた軽自動車を目指して作られています。低燃費と走行性能を良くするために、空力抵抗に拘ったボディデザインが採用されたことと、極限まで軽量化が行われています。

車両重量が軽くなったことで、自然吸気エンジンでも満足の行く加速性能と、アイドリングストップ機能の搭載によって燃費向上を更にアシストしています。

●自然吸気エンジン性能

エンジン :S07A型水冷直列3気筒横置DOHC

排気量  :658cc

最高出力 :58ps

最大トルク: 6.6kgf・m

燃費   :29.4km/L(JC08モード)

●ターボエンジン性能

エンジン :S07A型水冷直列3気筒横置DOHCターボ

排気量  :658cc

最高出力 :64ps

最大トルク:10.6kgf・m

燃費   :26.0km/L(JC08モード)

※データ参考サイト:https://www.honda.co.jp/N-WGN/common/pdf/nwgn_spec_list.pdf

ホンダのおすすめ軽自動車N-ONE

ホンダ軽自動車【Nシリーズ】の第3弾として発売されたN-ONEは、ゼストの後継車として2012年11月から発売されています。N-WGNと同じで低燃費を実現するために、極限まで軽量化を行いホンダ軽トールワゴンのベーシックモデルとして開発されました。

ライバル車キャストとの価格比較

ホンダ・N-ONEとライバル車となるダイハツ・キャストの新車価格を比較しました。傾向としては、ユーザーが買いやすい下位グレードはN-ONEが安く、販売台数が少ない上級グレードはN-ONEの方が高い価格になっているのが特徴です。

●ベースグレード

<N-ONE Standard>

2WD:¥1,200,960-(消費税込)

4WD:¥1,331,640-(消費税込)

<キャスト X>

2WD:¥1,225,800-(消費税込)

4WD:¥1,350,000-(消費税込)

●最も売れている装備充実グレード

<N-ONE Standard・L>

2WD:¥1,330,560-(消費税込)

4WD:¥1,461,240-(消費税込)

<キャスト G・SAⅢ>

2WD:¥1,414,800-(消費税込)

4WD:¥1,539,000-(消費税込)

●上級グレード

<N-ONE Premium>

2WD:¥1,530,360-(消費税込)

4WD:¥1,661,040-(消費税込)

<キャスト GプライムコレクションSAⅢ>

2WD:¥1,479,600-(消費税込)

4WD:¥1,603,800-(消費税込)

●ターボベースグレード

<N-ONE Standard Tourer>

2WD:¥1,492,560-(消費税込)

<キャスト GターボSAⅢ>

2WD:¥1,517,400-(消費税込)

4WD:¥1,641,600-(消費税込)

●N-ONE最上級グレード

<N-ONE Premium Tourer>

2WD:¥1,641,600-(消費税込)

4WD:¥1,772,280-(消費税込)

<キャスト GターボプライムコレクションSAⅢ>

2WD:¥1,582,200-(消費税込)

4WD:¥1,706,400-(消費税込)

※価格参考サイト:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/type/gasoline/
※価格参考サイト:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/index.htm

N-ONEの性能一覧

N-ONEに搭載されているエンジンは、N-WGNと同じエンジンが搭載されています。N-WGNの方が、燃費が良いことがわかります。

●自然吸気エンジン性能

エンジン :S07A型水冷直列3気筒横置DOHC

排気量  :658cc

最高出力 :58ps

最大トルク: 6.6kgf・m

燃費   :28.4km/L(JC08モード)

●ターボエンジン性能

エンジン :S07A型水冷直列3気筒横置DOHCターボ

排気量  :658cc

最高出力 :64ps

最大トルク:10.6kgf・m

燃費   :25.8km/L(JC08モード)

※データ参考サイト:https://www.honda.co.jp/N-ONE/common/pdf/n-one_spec_list.pdf

ホンダの軽自動車の買取価格相場

ホンダの軽自動車の買取価格相場を調べてみますが、日本で一番売れている軽自動車N-BOXを例にあげて、リセールバリューを調べてみました。

N-BOXのリセールバリュー

下記のリセールバリューの結果を見ますと、カスタム系のリセールバリューが高いのが良くわかります。高く売るならN-BOXカスタム系を購入することが条件になります。また、カスタム系じゃなくても、4WD車なら安定したリセールバリューになっているのも注目すべき点です。

●2015年 G

下取 相場・2WD :¥570,000-~\670,000-

新車 価格・2WD :¥1,181,000-(消費税別)

リセールバリュー:48%~57%

下取 相場・4WD :¥735,000-~¥835,000-

新車 価格・4WD :¥1,296,000-(消費税別)

リセールバリュー:57%~64%

●2015年 GターボLパッケージ

下取 相場・2WD :¥730,000-~¥830,000-

新車 価格・2WD :¥1,390,000-(消費税別)

リセールバリュー:53%~60%

下取 相場・4WD :¥845,000-~¥945,000-

新車 価格・4WD :¥1,505,000-(消費税別)

リセールバリュー:56%~63%

●2015年 カスタムG

下取 相場・2WD :¥755,000-~¥855,000-

新車 価格・2WD :¥1,407,000-(消費税別)

リセールバリュー:54%~61%

下取 相場・4WD :¥880,000-~¥980,000-

新車 価格・4WD :¥1,528,000-(消費税別)

リセールバリュー:58%~64%

●2015年 カスタムGターボLパッケージ

下取 相場・2WD :¥920,000-~¥1,025,000-

新車 価格・2WD :¥1,546,000-(消費税別)

リセールバリュー:60%~66%

下取 相場・4WD :¥1,010,000-~1,130,000-

新車 価格・4WD :¥1,667,000-(消費税別)

リセールバリュー:61%~68%

※新車価格参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/HONDA/NBOX/2015/
※下取り参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/HONDA/NBOX/2015/
※リセールバリューが分かり易い、新車から3年落ちの2015年式を対象にしています。
※一般的な買取り査定と比べて約¥100,000-ほど安く表示されるので、下取り参考サイトの表示価格にプラスしています。

ホンダの軽自動車は需要が多い

ホンダの軽自動車の販売台数は、2強のスズキとダイハツに次ぐ第3位と非常に需要が多いことがわかります。

●2017年 軽自動車年間販売台数

ダイハツ:610,950

スズキ :556,105

ホンダ :342,652

日産  :187,430

三菱  : 56,640

●2018年軽自動車上半期販売台数

スズキ :284,173

ダイハツ:282,109

ホンダ :173,943

日産  : 85,156

三菱  : 26,683

参考サイト:https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/4kaku

まとめ

技術のホンダらしく、F1や乗用車で培った先進技術を惜しむことなく軽自動車にも反映させてくれるのは流石の一言です。他の自動車メーカーに頼ることなく、最先端の技術を生み出し続けているのも素晴らしいですし、軽自動車年間新車販売台数・第3位は圧巻です。

独創的な技術でリセールバリューも高いホンダの軽自動車は、一括査定に出すときも高額査定が期待できる車と言えます。次はどのようなNシリーズが発売されるのか、フルモデルチェンジが楽しみです。