中古車の購入とレンタカーはどっちがお得?【メリットやデメリットのまとめ】

車が必要だと思うことはあっても、中古車を購入するのはお金がかかりすぎると感じることもありますよね。そんなときに活躍するのがレンタカーです。ただ、レンタカーは利用料金が高く、一体どちらがお得なのが悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで、中古車の購入とレンタカーの利用について、メリットやデメリットを調べてみました。それぞれにかかる費用についても詳しく紹介します。

中古車とレンタカーのメリットとデメリット

中古車を購入するのか、レンタカーを利用するのかは、それぞれのいい点や悪い点を比べることでもわかります。ここからは、それぞれのメリットやデメリットを紹介していきましょう。

中古車を購入するメリット

中古車を購入する最大のメリットは、自分が使いたいタイミングで使用できることにあります。レンタカーを予約する必要がなく、駐車場に行けばいつでも乗れるため、急に車が必要になったときでも非常にスムーズです。

また、自分好みにカスタマイズすることも可能で、傷などをつけてしまった場合にも気兼ねすることがありません。車内にお気に入りのグッズや便利グッズなどを載せておくこともできるため、使いやすいのもメリットでしょう。

中古車を購入するデメリット

中古車を購入すると、お金がかかります。購入にかかる費用だけでなく、維持費も必要になるのです。2年ごとの車検代や毎年の自動車税、それに加えてガソリン代消耗品の交換費用がかかります。

自宅に駐車場がない場合には、駐車場代が必要となることもあるでしょう。これら決して安いものではありません。そのため、中古車を購入する際にはかかる費用をしっかりと調べておくことが大切です。

レンタカーを選ぶメリット

レンタカーは利用するたびに費用が発生するため、車の購入にかかる費用や維持費の必要がありません。そのため、頻繁に車に乗らない場合にはお得に利用できるのがメリットでしょう。

また、利用目的に応じて車が選べるのもメリットのひとつです。荷物が多いときはステーションワゴン、大人数のお出かけにはミニバンなど、状況に合った車が選択できます。

レンタカーを選ぶデメリット

レンタカーを利用する際にはあらかじめ予約が必要です。また、希望する車がいつも空いているとは限らず、予約が埋まっているときには車が使えないというケースもあるでしょう。さらに、急ぎの場合には対応できないことも考えられます。

レンタカーを利用する際には一定の補償がつけられていますが、事故の内容によっては休業補償が発生し、多額の負担を迫られることも考えられるでしょう。加入する保険がレンタカー会社によって決められているケースがほとんどで、補償される限度額が低いことも多く、リスクが高いともいえます。

車を使う目的や自分の生活を見つめ直すことが肝心

中古車を購入するか、レンタカーを利用するかを選ぶ際には、車を使う目的をしっかりと洗い出してみることが大切です。車を購入したことでお金がかかりすぎてしまうことや、レンタカーの利用で不自由に感じることもあるでしょう。

中古車かレンタカーかは、自分のライフスタイルに合った選び方をするのが非常に重要だといえます。そのため、まずはどのくらいの頻度で車を使うのか、どのくらいの期間において車が必要なのかといった自分の生活を見直してみましょう。

どのくらいの頻度で車を使うのか

中古車の購入かレンタカーの利用かを決める際、重要なポイントとなるのが車に乗る頻度です。通勤や子どもの送り迎えなどで毎日のように車に乗る場合には中古車を購入するのが経済的だといえます。

一方、年に数回程度、旅行などで使うといった場合には、レンタカーで十分に間に合うでしょう。車を使う頻度が少ない場合には、レンタカーのほうがお得です。

どのくらいの期間に渡って車を使うのか

中古車の購入にはたくさんお金が必要ですが、購入した中古車を長く乗るのであれば年間あたりの費用が安くなります。生活のために車が必要な地域などの場合には、車に乗る期間が長く、使用する頻度も高くなるでしょう。よって、中古車を購入する方が結果的に費用がおさえられます。

ただ、都市部に住んでいる場合には、バスや電車といった交通手段が充実しているケースも多く、移動にそれほど困ることもないでしょう。また、車を所有することで駐車場代が必要となるケースも多くみられます。そういった場合には、必要な時だけレンタカーを利用するのがお得です。

中古車を購入するメリットはあるのか

車に乗る頻度や期間を考えても、どちらを選ぶのがいいのか分からないという場合もありますよね。このケースでは、車の購入によって生活がどのくらい変化するか、どんなメリットがあるのかを考えてみましょう。

これまで電車を何本も乗り継いで通勤していた人は、中古車の購入で通勤時間の短縮が可能です。子どもがいる場合には、送り迎えができるようになり、子どもが事故に遭うのではないかなどの心配事も減らせます。

さらに、大型車を購入すると家族でのお出かけの機会が増え、家族間のコミュニケーションにも役立つでしょう。このように、中古車の購入によってどのくらいのメリットがあるのかを考えると中古車が必要かどうかが見えてきます。

かかる費用を長期的に比較してみよう

中古車の購入とレンタカーの利用では、実際にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここからは、それぞれにかかる費用を比較していきます。

中古車にかかる費用

中古車は購入時にたくさんの費用が必要です。状態がよく、人気の車種の場合には中古車でも100万円をこえることもあるでしょう。現金では支払えないため、頭金を用意してローンを組む人も多くみられます。

ローンの返済には月数万円が必要ですので、毎月の出費が増えることは覚悟しなければなりません。さらに、車自体にかかる費用のほかに、維持費も必要となるのです。

維持費にはガソリン代メンテナンス費駐車場代などが挙げられるでしょう。ガソリン代やメンテナンス費は自動車に乗る頻度によって異なります。軽自動車やエコカーなどの燃費のいい車を選ぶと、ガソリン代をおさえることは可能です。

自宅に駐車スペースがある場合には無料ですが、駐車場を借りる場合には、東京都内で月に30000円がかかると考えましょう。地方でも、10000円程度はかかるケースが多くみられます。

さらに、自動車税や車検代もかかり、普通車の場合には年間で約50~60万円の維持費が必要です。

レンタカーにかかる費用

レンタカーは1日当たりいくらという単位で借りられます。免責保障やガソリン代なども必要となるケースが多く、選ぶ車種にもよりますが、1日当たり1~2万円が相場です。

レンタカーを利用する頻度が月に1回という場合には、年間で20万円程度におさえられるでしょう。ただ、月に3回利用すると考えると年間で50~60万円がかかります。

さらに、レンタカーの利用時にコインパーキングなどを利用した場合には駐車料金も必要です。こうなると、中古車を購入した際に年間にかかる費用と変わらなくなるといえるでしょう。

また、レンタカーは1日当たりの料金で貸し出していることが多く、買い物などで1時間だけ使いたいという場合でも1日分を支払う必要があります。

良心的なレンタカー会社の場合には、6時間などのプランを設けているケースもあるでしょう。それでも、6時間も使わないという人には割高です。

さらに、レンタカーの場合には、事故を起こした場合の費用を負担する必要があるケースもみられます。その結果、中古車を購入した場合よりも費用がかかってしまうこともあり、注意が必要です。

それぞれに向いている人の特徴

中古車を購入するのか、レンタカーを利用するのかはそれぞれに向き不向きがあります。よって、自分がどちらに向いているのかをしっかりと考えておくことが大切でしょう。

ここからは、中古車の購入に向いている人、レンタカーの利用に向いている人の特徴をそれぞれ紹介していきます。

中古車の購入に向いている人

中古車の購入に向いているのは車を使う頻度の高い人です。また、車を長期間利用する予定がある人も、中古車を購入するのがいいでしょう。

車にこだわりがあり、好きな車種を選びたいという人も中古車に向いています。自分でカスタマイズして、自分好みの車を作り上げたいという人も中古車を選ぶのがいいでしょう。

さらに、中古車を所有していると時間の制限がなく、いつでも車が使えます。突然車に乗る必要に迫られた場合でも中古車を購入しておくと対応できるでしょう。そういった理由から、急に予定が変更になりやすい人にも中古車はおすすめです。

レンタカーの利用に向いている人

レンタカーは車を使用する頻度の低い人にぴったりです。使いたいときだけお金を払うシステムのため、駐車場代がかかりません。よって、車にあまりお金をかけたくない人に向いているといえるでしょう。

また、使用目的によって車を使い分けたいという人からもレンタカーは選ばれています。レンタカーであれば、旅行に行くときはミニバン、1人で買い物に行くときは軽自動車など、状況に応じで好きな車が選べます。

デートに行くときはスポーツカーに乗りたい、新しいモデルでドライブをしてみたいという要望にも応えてくれますので、さまざまな種類の車に興味がある人にもぴったりでしょう。

さらに、車は好きだけど、メンテナンスはしたくないという人にもレンタカーは選ばれています。車というのは、定期的にメンテナンスや車検に持ち込む必要があり、その分の時間とお金が必要です。

その点、レンタカーはきちんと清掃された状態で借りることができ、しっかりと整備もされていることから安全で快適な車が手に入るといえるでしょう。そういった理由から、メンテナンスにお金と時間をかけたくない人に最適です。

中古車購入時にはローンの年数を考えよう

中古車を購入する際には、ローンの年数を考えることが大切です。車は平均して7~8年ごとに買い替える人が多く、買い替えまでの間にローンを完済していると月々の固定費が安くなります。

ローンの完済を待たずに次の車を購入する場合には、車を売却したお金で一括返済をするのが一般的です。または、次のローンに上乗せする形で支払う方法もあるでしょう。

しかしながら、売却したお金で返済をせず、次の車の頭金に充てると、これまでよりもグレードの高い車に乗れる可能性が高くなります。残ったローンを次のローンに上乗せする方法では、ローンの返済が苦しくなることもあるでしょう。

このような理由から、ローン完済前の買い替えは損をするケースが多いのです。それでも、車は長く乗り続けると故障することもあり、修理費がかさむことも考えられるでしょう。

よって、早めのローン完済を目指し、故障が目立つようになる頃には買い替えを検討できるよう計画的に購入することが大切です。

レンタカーを上手に利用するポイント

レンタカーは思いのほか料金が高いため、少しでも安く借りることが大切です。いつも同じレンタカー会社で借りるという人も多くみられますが、レンタカー会社を固定せず、いくつかの会社を利用してみるのがいいでしょう。

違うレンタカー会社を利用することで料金が比較でき、少しでも安く利用しやすい会社が見つかる可能性があります。また、定期的に格安プランが打ち出されることもあり、キャンペーンなどを利用することでも料金がおさえられるのです。

レンタカー会社のキャンペーンは不定期に出されることが多いため、いくつかのレンタカー会社の情報をマメにチェックしておくことも大切でしょう。

格安プランなどは平日などの利用者の少ない時期に多くみられます。よって、大きな買い物などでレンタカーが必要という場合にはそういった時期に合わせてみるのもいいでしょう。

旅行などでレンタカーを利用するという人は旅行会社でホテルとレンタカーがセットになったプランなどを見つけるのもひとつの方法です。ホテルとレンタカーをそれぞれ予約するよりも安くなるケースが多く、お得に旅行が楽しめます。

カーシェアリングという方法も

頻繁に車を使うという人は中古車に向いています。ただ、レンタカーを月に2回程度は利用するけれど、中古車を購入するほどでもないという人もいるでしょう。

そんな人はカーシェアリングを利用するのもひとつの方法です。カーシェアリングとは、車を何人かで使い合うサービスをいいます。利用するには会員登録が必要ですが、月額料金を支払うと車を利用したいときに便利です。

料金も、レンタカーを頻繁に利用するときと比べると安くなることが多くいでしょう。月額使用料のなかにはガソリン代などの維持費も含まれていますので、金額が分かりやすいのもメリットです。

遠方への利用も可能で、スケジュールを調整しておくとさまざまな目的で使えます。また、全国展開しているカーシェアリングなどを利用すると、目的地までは新幹線を利用し、現地ではカーシェアリングなどといった使い方が可能です。

さまざまな車種を用意しているカーシェアリングの場合には、使用するたびに好きな車種を選ぶこともできます。利用目的や乗車人数に合わせて車も選べることから、さまざまなシーンで非常に便利です。

ただし、カーシェアリングにもデメリットがあります。カーシェアリングは一時的に車を借りるシステムですので、レンタカーのように清掃が行き届いていないことが多いでしょう。

また、複数の人が車を利用することから、ペットは載せられないことや禁煙などの制限が設けられていることもあります。

長期的に乗るなら中古車がお得

レンタカーやカーシェアリングは、車を使いたいときに使え、維持費がかからないため非常に便利なサービスです。しかしながら、あくまでも借りているという前提があり、どれだけ料金を支払っても車は自分のものにはなりません。

その点、中古車の購入ではそれなりのお金がかかりますが、一括で支払った場合やローンを完済してしまうと、維持費だけで使い続けることができるのです。

さらに、不要になれば売却も可能で、車を現金化することもできるでしょう。そのほかにも、車内を自分好みの空間にカスタマイズすることもでき愛着もわきます。いつでも車が使える環境にあると、行動範囲も広げられるでしょう。

車を利用しなくても生活に支障がないという場合にはレンタカーやカーシェアでも問題はありません。ただ、長期的に利用する場合には中古車の購入によって利便性が高まるといえるのです。

まとめ

中古車の購入にはそれなりに費用がかかります。また、維持費にもお金がかかるため、車に乗る頻度がそれほど高くないという人には出費がかさんでしまうこともあるでしょう。

ただ、レンタカーには車の購入費や維持費がかからない分、利用料が高く設定されています。よって、自分が車を使う頻度をよく考えて使わないことには費用がかかりすぎてしまうこともめずらしくないのです。

長期的に車を使う場合には中古車がお得になることがほとんどでしょう。中古車を購入すると好きな時に使え、所有する喜びも感じられます。

中古車がレンタカーかを選ぶ際には、自分の生活スタイルを見つめ直し、どのくらい車が必要かといった点をしっかりと考えることが大切です。そうすることで、自分が選ぶべき方法が見えてきます。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報