車の買い替えは13年がいい?その理由とメリット・デメリットを解説

・「車の買い替えは、13年目が良いって聞いたけど本当?」
・「13年を超えると車の税金が上がるから乗り換えするか迷っている」
という方も多いと思います。

そこでこの記事では、新車登録から13年以上経つと税金が上がることや古い車の買い替えなどについてのお悩みを解決していきます。

具体的には、
・13年目から上がる税金やリスクについて
・古い車を買取してもらうコツ
・車の買い替えの基準
・長く同じ車に乗るコツやリスクについて
の順番に重要なポイントに絞り簡単にご説明していきますので、ぜひご一読ください。

13年乗った車のリスク

基本的には新車登録から13年以上経つと税金が上がり、車検の費用も高くなってしまいます。ここでは次の順番で具体的な数字もまじえながらご説明していきます。

  1. 13年目から税金が上がる
  2. 車検費用も高額に

13年目から税金が上がる

そもそも車の税金には、購入時に払う消費税と自動車取得税のほかに、毎年払う自動車税と車検時に払う自動車重量税の4つがあります。その中の自動車税と重量税は、車を所有している間はずっと納めなければならない税金です。この2つの税金がガソリン車では13年目から、ディーゼル車では11年目から高くなってしまいます。

これは古い車の方が、環境負荷が大きいという理由から環境負荷の少ない新しい車への買い替えを促すためにこのような税制度になっています。そのため環境負荷の少ないハイブリッド車などは例外にあたり、13年を経過しても増税されません。

しかし税制度が変わることもあり、必ず増税されないわけではないので注意が必要です。では具体的にどれくらい税金があがるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

自動車税

そもそも自動車税とは毎年5月に納める税金のことで、車の排気量によって税額が決まっており、この自動車税は13年を超えると、軽自動車で20%、普通自動車で15%税金が高くなってしまいます。排気量ごとに細かく税額を見ると下記のようになります。

  • 軽自動車は、10,800円→12,900円
  • 1,000cc以下の普通車は、29,500円→34,000円
  • 1,000cc超~1,500cc以下は、34,500円→40,000円
  • 1,500cc超~2,000cc以下は、39,500円→45,500円
  • 2,000cc超~2,500cc以下は、45,000円→52,000円
  • 2,500cc超~3,000cc以下は、51,000円→59,000円
  • 3,000cc超~3,500cc以下は、58,000円→67,000円
  • 3,500cc超~4,000cc以下は、66,500円→76,500円
  • 4,000cc超~6,000cc以下は、88,000円→101,500円
  • 6,000cc超~は、111,000円→128,000円

1,000ccのコンパクトカーでは4,500円の増税ですが、6,000ccを超える外車などでは17,000円も払う税金が増えてしまいます。4,500円と聞くと大した額ではないですが、これに加えて重量税も増えるので、家計への影響も無視できません。では重量税はいくら増えるのでしょうか。次で詳しく見ていきます。

自動車重量税

自動車重量税車は、車の重さで税金が決まります。重量税も毎年課税されるのですが、税金を納めるのは車検の時になるので注意が必要です。

そしてこの重量税は、13年を超えると軽自動車では、年3,300円から年4,100円への増税となります。また普通自動車は0.5トンごとに年4,100円から年5,700円の増税です。まとめると13年を超えた車が車検時に納める重量税は下記のようになります。

  • 軽自動車は、6,600円(年3,300円)→8,200円(年4,100円)
  • 0.5トン以下の車は、8,200円(年4,100円)→11,400円(年5,700円)
  • 1トン以下の車は、16,400円→22,800円
  • 1.5トン以下の車は、24,600円→34,200円
  • 2トン以下の車は、32,800円→45,600円
  • 2.5トン以下の車は、41,000円→57,000円
  • 3トン以下の車は、49,200円→68,400円

自動車税と合わせて考えると、排気量が1,000ccで1トンの車であれば、年間で税金が7,600円増えてしまうのです。これがセダンやバンなど大きい車になるとさらに税金が増えます。

車検費用も高額に

車は走行距離が増えれば増えただけ、部品が消耗して行きます。また時間と共に劣化していくパーツもあります。徐々に交換する部品が増えてくるため、車検も回数を重ねるたびに費用が高くなりがちです。車種にもよりますが一般的に20万円前後の費用はかかってしまいます。

加えてエンジンの寿命が15年と言われているため、車検を通したとしてもエンジンが故障するリスクも高いのです。そのため買い替えのタイミングとしては13年目の車検前がおすすめです。

13年目の車は買取してもらえるか


そもそも買い換えるにしても13年目の車が買取してもらえるのか、という疑問もありますよね。そこでここからは13年目の車の買取について下記の順番で詳しくご紹介していきます。

  1. 高額になることは少ない
  2. 高額買取してもらう為には

高額になることは少ない

先に結論から言うと、13年を超える車の買取額が高額になることは少ないです。そもそも車の買取額が0円になるのは新車登録から10年10万キロと言われています。そのためディーラー下取りでは間違いなく値段はつきません。

なかには値段のつく車もありますが、高額にはならないです。しかし、少しでも価格を引き上げる方法あるので、次でご紹介していきます。

高額買取してもらう為には

高額で買取してもらうには、次の2つを行うしかありません。多少時間と手間がかかってしまいますが、ディーラー下取りに比べて数万円も高くなる可能性は十分にあります。そのためぜひ試してみてください。

  • 買取相場を調べる
  • 自動車の輸出をしている業者に依頼

買取相場を調べる

まずは今の車の買取相場を調べることから始めます。買取相場を知っていれば、実際に車を売る時に価格交渉をすることが出来るためです。

しかし実際の車の買取相場を知るには査定してもらうしかありません。そのため一括査定サイトなどを利用し、多くの買取業者に査定してもらいましょう。そうすることで、あなたの車の正確な買取相場を知ることが可能です。さらに買取業者を競わせることが出来るので、高額買取に結びつきやすいというメリットもあります。

自動車の輸出をしている業者に依頼

日本では新車登録から13年も経過した車を買いたいという方はほとんどいません。しかし海外では13年目の車でも欲しいという方が大勢います。

そのため海外に自動車を輸出している業者では、その車から利益をあげることが出来るので、高額で買い取りしてもらえる可能性が高いです。そして海外への再販ルートをもっている買取業者は、全国規模の大きな企業ですので、そのような買取業者に買取を依頼しましょう。

車の買い替えは13年が基準?


では車の買い替えは13年が基準なのでしょうか。実は車を乗り潰すかどうかでかわってきます。そこでここでは乗り潰す場合と、そうでない場合に分けてご説明していきます。

乗り潰すなら基準に

車を乗り潰すことを考えている場合は、13年を基準にしましょう。車を買う回数が少ない方がお得なのは確かです。しかし13年を超えると、車検の費用が高額になりやすく税金も高くなります。さらに故障するリスクも高いです。

つまり13年以上乗り続けると、車の維持費が高くなり新しい車を購入したほうがお得な場合が多いのです。そのため乗り潰すことを考えている方は、13年が基準になります。

基本は早く買い替えた方がいい

乗り潰すことを考えていない、つまり車の売却費用を次の車の購入費に当てながら買い替えをする場合は、基本的には早めの買い替えがおすすめです。車の価値は時間と共に下がっていき、ほとんどの車種で3年目を過ぎると大きく下がります。そのためできるだけ高額で買い取りしてもらうには、早めの買い替えがオススメです。

13年目まで車を買い替えない場合


買い替え年数が13年の方がお得なのはおわかりいただけたと思います。しかしメンテナンスをせずに13年目を迎えられるわけではありません。そこでここでは車をできるだけ長くのるコツを下記の順番でご紹介していきます。

  1. 日頃のメンテナンスを怠らない
  2. 外装も車内も清潔に

日頃のメンテナンスを怠らない

まずは当たり前ですが、日頃のメンテナンスを怠らないことが大事になります。具体的には、次のようなことです。

  • エンジンオイルの交換
  • ラジエーターの冷却水の交換
  • ウォッシャー液の補充
  • バッテリーの交換
  • ブレーキパッドやブレーキフルードの交換

特にエンジンオイルは、エンジンの寿命に直結するので定期的に交換をしましょう。また車が古くなってくると、オイル漏れが起きてしまうこともあります。オイルの量が少ない中でエンジンを動かすとエンジンが壊れてしまいます。そのためオイルの量もしっかりとチェックしましょう。

外装も車内も清潔に

機械類のメンテナンスを行っていれば、13年でもそう簡単に壊れることはありません。後はどれだけ快適に運転できるかという部分になってきますので、車自体も綺麗に保ちましょう。綺麗であれば売る時にプラスに働くこともあります。

綺麗にする時間があまりない場合は、せめて外装だけは綺麗にしましょう。外装が汚れているとサビに繋がり、車の価値を著しく下げてしまいます。つまりサビがひどいと車に値段が付きづらくなるのです。快適に乗るためと、できるだけ買い替えの時に有利に働くように車は綺麗にしておく方が良いですね。

13年以上車を買い替えずに乗ると


では13年以上車を買い換えずに乗るとどうなるのでしょう。実は18年目からさらに税金が高くなりその他にもリスクが多数あります。そのことについて詳しくご紹介していきますね。

18年目からさらに税金が高額に

自動車重量税は、18年目からさらに下記のように税金が高くなります。それほど税金が上がっているようには見えませんが、18年目となるとメンテナンス費用もかかってきますので、かなりの負担です。

  • 軽自動車は、8200円→8,800円
  • 0.5トン以下の車は、11,400円→12,600円
  • 1トン以下の車は、22,800円→25,200円
  • 1.5トン以下の車は、34,200円→37,800円
  • 2トン以下の車は、45,600円→50,400円
  • 2.5トン以下の車は、57,000円→63,000円
  • 3トン以下の車は、68,400円→75,600円

リスクも多数

エンジンの寿命は約15年と言われているので、エンジンが故障するリスクが出てくるということです。またブレーキやサスペンション、その他の部品も交換が必要になります。さらに現在で考えると18年前の車ということですから、緊急ブレーキなどの安全装備もほとんどついていないことになりますよね。事故に合うリスクも当然今の車よりも高くなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?以上が車の買い替えについてでした。車を乗り潰すなら13年を基準にし、そうでない場合は早めの買い替えがおすすめです。あなたにあった買い替えスパンで、できるだけお得に行ってくださいね!