車を買い替えるのは何月が良い?知って得する買い替え時期を教えます

車を買い替える時に重要なのは、下取りの車がある場合、今乗っている車を高く下取りや買取りができる時期です。同じ年式や走行距離の車でも、何月に売るかによって金額が全く変わってきます。それだけ車は、売る時期や買う時期が何月かによって変わってくるということです。車を買い替えるのに適しているのは、何月なのかを今回は紹介していきます。

車を買い替えるのは何月がいいか

車を買い替えるときに、最も適している月が存在します。乗っている車は少しでも高く売りたいですし、新しい車を購入するときは少しでも安く買いたいのは誰もが望むことです。車を買い替えるのに、最も良いとされるのは何月なのかを紹介します。

販売店の決算時期を狙う

新車の場合、各自動車メーカーで多少は決算時期が違う会社もありますが、概ね同じ頃なのでこの機会に覚えておくと良いでしょう。各自動車メーカーの決算時期は、3月が本決算で9月が中間決算の会社が殆どとなっています。

それ以外では、6月と12月に四半期決算としている会社もあるようです。自動車メーカーに限らずですが、決算の数字を良くしないといけませんから、決算月には販売台数を伸ばさなければいけません。

決算月にあわせて自動車メーカー側は、販売店であるディーラーへ1台でも多く新車を販売させないといけないので、ディーラーに対して報奨金を通常よりも多く出すのが通例となっています。ディーラー側もメーカーからの報奨金が出るので、営業マンに対しても台数手当などをアップさせて販売に力を入れてきます。

この決算時期は、自動車メーカーもディーラーも1台でも多く販売しないといけないので、通常よりも値引きをしてくれる可能性が大きくなります。車を好条件で買い替えをするなら、決算時期を狙うことが最良の策と言えます。

決算前に納車を済ませる

車を好条件で買い替えるのに適しているのが決算時期だと分かりましたが、納車はいつまでに済ませるのが良いのか?各自動車メーカーの販売台数は、陸運局で新規検査登録すなわち名義変更が完了していないとカウントされません。

従って、3月の決算に台数が上がっていないと意味がないので、3月中には新規登録が完了していないといけません。決算が行われる3月と9月には納車を済ませる予定で、車の買い替え商談を立てるようにして下さい。

3月に車を買い替える

自動車メーカーの本決算は3月ですが、購入する側にとって新車の購入需要が高いのは3月です。

新生活に合わせて車が売れる時期

4月から転勤で新天地に向かう会社員、専門学校や大学に進学する学生、新しく社会人になる新卒者などが車を必要とするので、3月中には車を購入して納車を完了しておく必要があります。都会では車の必要がないかもしれませんが、地方では車がないと生活に支障をきたすところが殆どです。3月は、車の買い替えや新しく車を購入する人が集中するので、1年の中で最も活気が出る月になっています。

納車が遅れないよう早めに行動

3月末までには最悪でも車が納車されていないと、4月1日からの出勤や通学に使用することができません。その為、3月中頃までには納車が完了するよう、しっかりと予定を組んで買い替えの商談を行う必要があります。

2月~3月は、自動車業界全体が繁忙期にあたるため、車庫証明を扱う警察署や自動車の登録を行う陸運局もかなり混み合います。通常なら間に合うところも間に合わない可能性も出てくるので、この時期は早め早めに行動を行うことが大切になります。

9月に車を買い替える

9月は、各自動車メーカーの中間決算時期になりますので、本決算の3月と同じで車を買い替えるには絶好の機会と言って良いでしょう。

9月中に納車完了

3月の本決算の時と同じで、9月が中間決算の自動車メーカーは、9月中には新規登録が完了していなければ販売台数に反映されません。その為、最悪でも9月には新規登録を終わらせておくのが前提なので、8月中には買い替えの準備が完了していないと9月の納車に間に合わない恐れが出ます。

欲しい車種を決めておく

9月中には納車が完了していないといけませんから、当然のことですが欲しい車や車種を早めに決めておく必要があります。欲しい車種、ボディカラー、グレードを出来るだけ早く決めておかないとスムーズな商談が行えません。特に人気車種の場合は、納期にかなりの日数を要することもあるので、購入する車の内容を早めに決めて納期などの情報を早めに知っておく必要があります。

ギリギリまで引っ張ってから商談を行っても、納期が半年待ちなどと言われたら目も当てられません。納期が掛かる可能性があるので、欲しい車種などは第三候補くらいまで準備しておく必要があります。

購入予定の店をリサーチ

車を買い替えるのに、どこのお店で車を買い替えるかも重要になってきます。一度、車を買い替えると数年若しくはもっと長い期間、お世話になる訳ですから、お店選びも大変重要な仕事と言えます。

新車の場合は、欲しい車種を決めて自分が住んで居るところから、一番近いディーラーをまずは探してみましょう。目ぼしいお店を見つけたら、カタログや簡単な見積書を貰いに行くのも一つの良い方法です。

ちょっとしたことですが、営業マンの接客スタイルや、お店の雰囲気も肌で感じることができるので、お店を選ぶ第一段階としては良い方法です。それで気に入れば、買い替えの相談を行えばいいですし、あまり印象が良くなかったら他の店舗を探せば良いので、早めに購入予定のお店をリサーチすることも大切です。

買い替えの交渉開始

車種が決まって、買い替えを行うお店も決まったら行動開始です。9月中には営業マンも納車を済ませたいでしょうから、最初から購入する気配を全面に出して商談を行って下さい。購入する意志が営業マンに伝われば、相手も本気で商談を行ってくれますから、妥協はしないで強めに自分の意思を押し出して構いません。

下取りの金額や値引きの金額で満足が行かない場合は、相手に合わせず引くだけです。下取りの車は、インターネットの一括査定を利用して高額査定を狙うのもいいですし、購入する車は第三候補くらいまでは決めたはずですから、ライバル店へも足を運び見積書を上手く利用しながら交渉するだけです。

あくまでも第一候補をターゲットにして、第二候補、第三候補の購入見積書を餌に、慌てずじっくり第一候補の値引き交渉に時間をかければ最終的には、大幅な値引きでも対応する流れになるでしょう。決算月の交渉術としては、こちらよりも相手の方が契約を急いでいるので、こちらはじっくり構えていても最終的には相手が焦って交渉してきますから、慌てないことが大切です。

決算時期以外は何月がいいか

決算時期に車を買い替えるのが良いことはわかりましたが、それ以外の月でも車を買い替えるのに良い月があるので紹介します。

ボーナスが出る月

ボーナス月と言えば、夏が6月若しくは7月で、冬は12月の年2回の企業が多いのではないでしょうか?6月は自動車メーカーの四半期決算の会社もあるので、5月~7月も自動車業界は活気のある月となります。

また、決算やボーナスとは関係ないのですが、ジューンブライドと言う言葉があるように6月に結婚される人も多く、新しい家族を持たれる人の車の買い替え需要も重なる月です。そういう意味では、自動車業界では6月も活発な時期に入るので、決算月以外で車を買い替える時期としては、絶好の狙い目の月になります。

月末を狙う

6月に車を買い替えるとしても、6月ならいつでも良いのか?というと、そうでもありません。最終交渉を行う場合は、大幅な値引きが期待できる月末がポイントです。ディーラーには、お店の目標台数と各営業マン個人に目標台数の2つの目標が存在しています。

無論、お店の目標台数と各個人の目標台数が達成していれば、月末の商談も難しくなりますが、車が売れないこの時代に全員が目標台数を達成していることはまず有り得ません。月末には、本部へ販売台数の報告を行わないといけないので、ディーラーの店長や営業部長などは月末は特にピリピリしています。

目標台数をクリア出来ていない営業マンはもっとピリピリしていますので、月末までに1台売れるかどうかに勝負を掛けてくる営業マンが沢山います。狙い目としては、どのディーラーも土日が活発なので契約の意志が強い場合は、月末に一番近い土日に契約を左右する最終商談を行うようにして下さい。

相手も本気なので、こちらも総額で「いくらなら本日契約します!」とハッキリと希望する金額を出してしまいましょう。相手は、その金額は難しいけどと言いながらも徐々にこちらの希望金額に歩み寄ってきますから、白か黒かでハッキリとこちらの提示する金額に応じてくれるのかどうかを詰めていっても構いません。

それくらい、6月の月末は1台でも多く契約を取りたいのが本音なので、こちらとしてもハッキリとした価格を提示して気持ちよく商談を行う方が上手くいきます。商談の中で「下取りの方で調整します」と言ってくる営業マンもいますが、ディーラーの下取り価格自体が安いので、下取り査定も他店で用意した見積書を上手く使いながら商談して下さい。

ここまで購入の意志を全面に出している顧客に対して契約ができなかった場合、営業マンも会社での立場がなくなるので、最終的には良い形で契約まで持ち込めます。月末に一番近い土日に最終商談は行うということを忘れないように覚えておいて下さい。

モデルチェンジされる前の月

モデルチェンジには、マイナーチェンジとフルモデルチェンジの2種類あります。特に、新しいモデルに興味がないのであれば、モデルチェンジの車が発売される前月に新車を買うとビックリするほどの値引きの恩恵が受けられます。

ディーラーの中には、メーカーオプションなど細かい注文はできないかもしれませんが、生産ラインが新しい車のラインに変わっているので、現行の車を在庫処分のような形で販売しなければいけません。

自動車メーカー側も、現在抱えている在庫を売り切ってしまわないといけませんから、見切り価格で現行の新車を販売してくれます。車のモデルにそこまで執着がなければ、モデルチェンジが発売される前月に在庫のある新車なら、厳しい値引き交渉をしなくても安い価格で新車を購入することができます。

自動車税もお忘れなく

3月に車を買い替えた場合は、その時点では自動車税はまだ支払っていない状況です。自動車税の支払について、少し説明しておきます。

4月1日を起点に納付書が送られる

自動車税は、4月1日の時点の自動車検査証所有者へ支払いの義務が発生します。3月に車を買い替えた場合は、自動車税はまだ支払っていませんから、4月1日になった時点で支払いの義務が発生します。

4月中もしくは5月の初旬には、自動車検査証の所有者住所へ自動車税の納付書が届く仕組みになっています。一部の都道府県では6月中に支払えば良いところもありますが、殆どの都道府県では5月中に届いた自動車税の納付書にて支払うようなっています。

また、3月に車を買い替えたときに下取車があった場合ですが、たまに下取りに出した車の自動車税納付書が届く場合があります。これは、3月中に下取りの車の名義変更が間に合わなかった可能性があるので、下取りに出した販売店へ連絡して支払って頂くようにして下さい。

下取りの車を業者のオークションへそのまま出してしまった場合、3月には良く起こる出来事です。下取りの車の名義変更を行うのも車庫証明を出してからの登録手続きなので、日数的に4月1日に間に合わないことがあります。下取りに出した車の自動車税納付書が届いた場合は、下取りや買取りに出した販売店や買取専門業者へ連絡をして渡すようにして下さい。

まとめ

車の買い替え時期で、何月が良いのかを紹介させて頂きました。内容をまとめてみますと、自動車メーカーの決算月の前月とボーナス月の前月である【2月】【5月~8月】【11月】が、車を買い替える狙い月となります。

少しでも安く車の買い替えができるように、値引き交渉がしやすい月を覚えておくと有利に商談を進めることができます。車を買い替えるときは、乗っている車を少しでも高く売ることも重要ですから、1年の中で何回かある高額査定のチャンス月を逃さないようにして下さい。