北海道の車買取事情 雪国ならでの特徴が!トヨタ車が人気の理由とは?

車の買取価格は、地域や需要によっても異なります。北海道は、広大な地形や人口などを考えても車の需要は多くありそうですが、車買取の価格にはどう影響するのでしょうか。今回は、北海道の車買取について検証し、ご紹介します。

北海道は意外と車の普及率が低い

冒頭でも少し触れましたが、北海道はその広大な地理的要素を考えると、車の普及率が高いのではないかと推察します。しかし数字を見ていくと、そうとも言えない結果が見られました。まずは、北海道の地域性について検証しつつ、北海道の車事情をご紹介します。

北海道の人口と車の普及率

北海道の人口は約530万人です。広大な土地があるだけに人口もかなりの規模となっています。しかしその内訳を見ると、人口の約40%は札幌市に集中していることがわかります。

実はこの北海道内の人口比率が、車の普及率に、大きな影響を及ぼしているのです。一般財団法人 自動車検査登録情報協会の平成30年3月31日現在のデータによると、北海道全体の車の普及率は、0.999という数字になっています。これは、47都道府県中40番目の普及率で、少し意外な結果ではあります。

北海道より普及率が低い都道府県を見ると、東京・大阪・神奈川など、大都市圏に分類されるエリアがほとんどです。大都市になると、公共交通機関が充実していることによって、車の必要性が少ないことから、地方と比べると車の普及率が低い傾向にあります。

北海道は、札幌市以外の地域では、車の必要性は非常に高いです。しかし、人口の半数近くが住む札幌市では、車の必要性が高くないことから車の普及率が極端に下がります。

その結果、札幌市とその周辺エリアでは、この数値以上に車の普及率は低いと見て良いでしょう。反対に、札幌市以外のエリアでは、車の普及率が非常に高いことが伺えます。

このように、一口に北海道という単位では判断できず、札幌市周辺とそれ以外の地域では、車の普及率や必要性は異なることがわかります。

気候や地形など

北海道のイメージとしては、夏は過ごしやすく冬が厳しい気候というのが一般的です。道路状況もその広大な地形を活かして、走りやすい直線道路が水平線に向かっていくような雰囲気で、とてもドライブするには気持ちの良い地域だと言えるでしょう。実際に全国から多くの観光客がドライブやツーリングを楽しみに訪れています。

しかし、初夏から秋にかけては、過ごしやすい北海道ですが、冬から春先にかけては、雪の関係で道路コンディションも非常に厳しいものとなります。北海道は広く、太平洋・日本海・オホーツク海と、特性が異なる海に囲まれていることや、大雪山系や日高山脈などの地形により、大雪による被害もやや異なります。

北極や大陸から寒気の影響を強く受ける冬は、北海道の主要都市が集中している日本海側で曇りや雪の日が多く、釧路市を中心とする太平洋側では晴れの日が多くなります。そして、網走市などがあるオホーツク海側は、その中間的な特徴を持っています。
夏場と冬場では、運転の快適さが極端に変わってきますが、北海道ではSUV車や4WD車など、悪路に強い車が好まれる傾向にあります。そして各メーカーが、北海道に特化した寒冷地仕様の車を開発していることでも、その天候の特異性は見て取れます。

道路事情、公共交通機関について

北海道の道路事情は、車の普及率同様に札幌市とそれ以外の地域で、大きく変わってきます。

札幌市は、道内の観光地へ向かうJR路線の起点となり、新千歳空港の地下に直通する路線の発着地でもあるため、公共交通機関の利便性が非常に高いです。札幌市内で生活する際には、公共交通機関を利用することで、移動に困ることはほぼないと言えるでしょう。そのため、車の普及率は他の地域に比べると低いのです。

一方、札幌市周辺地域以外では、公共交通機関の本数が極端に少なくなります。広大な土地を持ち人口が分散されることから、札幌市以外では採算が合わない路線は、どんどん廃止の方向に進んでいます。

そのため、札幌市以外に住んでいる方には車の必要性が高まるのですが、北海道では急速な過疎化で高齢者が多く、車の普及に歯止めが掛かっている状況も見られます。北海道全体の車の普及率が上がらないのは、札幌市がある点以外にも、こういった背景があることが伺えます。

北海道では走破性の高い車が人気

2019年3月現在の価格.com人気中古車ランキングによると、その地域性からか北海道では走破性の高いSUV車や4WD車の人気が高いです。また、北海道内では、トヨタ車のシェアが非常に多い傾向にあります。道内で登録されている車の約3割がトヨタ車と、トヨタの地元である愛知県に次いで高いシェア数です。

北海道では、長距離の移動が中心になるため、軽自動車は少なく小型・普通車の人気が高いのです。その結果として、小型・普通車部門で車種が豊富なトヨタ車が、販売数が好調のようです。

また北海道は、車の普及率こそ高くないものの、高級外車の所有率が非常に高いと言われています。特に十勝地方での外車保有率が高く、大規模農家を中心に4WDの高級外車の人気が高くなっています。

したがって、北海道内でリセールバリューの高い車は、SUVなどの4WD車、トヨタ車・十勝地方に限っては高級外車となっています。他の地域に比べて、これれの車買取価格は期待できるでしょう。

しかし近年では、道路環境が向上したことや山岳地・地方・市街地と、広い北海道内でも多様なライフスタイルがあることから、エコカー減税の対象車なども多く選ばれています。さらに、寒冷地仕様ではないことから、買取価格が下がることもあるので、注意が必要です。

北海道の車買取おすすめ店舗一覧

続いて、北海道の車買取おすすめ店舗をご紹介します。

株式会社コンチネンタルオートス

  • 住所:北海道札幌市中央区大通東12−22−32
  • TEL:0120-713-960
  • 営業時間:10:00〜19:00
  • 定休日:年中無休(年末年始除く)
  • ウェブサイト:https://www.c-autos.net/

高く安く正確に車買取

北海道内では、ナイスクルマでお馴染みの車買取専門店です。札幌市全域を強化エリアとし、トヨタ車の買取に強みを持っています。

ミスの無い正確な査定とどこよりもスピーディーな支払いで、ユーザーの生活に貢献することをモットーとしています。高く早く正確にをテーマに、正確な査定と迅速な支払を約束しています。

正確な査定を実現しているのは、業界屈指の査定専門会社「AIS」の検査員資格を取得した検査員が、確かな知識と技術で車両品質をチェックしていることです。AIS検定2級の有資格者は北海道内にわずか6名しかいない中、コンチネンタルオートスには3名も在籍。

その検査員が、内外装や修復歴、機関・機構系や骨格にいたるまで、最大324項目の検査を正確に行い、AIS評価基準に基づき車両品質を評価・査定してくれるのです。

またコンチネンタルオートスは「JPUC公式認定」を受けています。JPUC「適正買取店認定制度」とは、お客様が安心して利用できる中古車買取業者と認める制度で、JPUCの厳しいハードルをクリアしなければいけません。

コンチネンタルオートスには、利用したお客から多くのコメントが寄せられており、それらはどれも高評価なものです。第三者機関からも利用しているお客からも高く評価されているので、安心して愛車の買取を任せられそうです。

車買取専門店ウルナビ

  • 住所:北海道札幌市東区東雁来7条2丁目13-13
  • TEL:0120-42-2000
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:年中無休
  • ウェブサイト:http://www.urunavi.net/

独自の加点方式の査定

道内全域で高価買取実施中の車買取専門店ウルナビは、独自の加点方式で査定士が正しく愛車を査定します。車種や年式、走行距離を問わず、乗用車・トラックをはじめ油圧ショベルなどの重機や建設機械、フォークリフトなども幅広く買取しています。

車をいかに高額で買取るかということを一番に考え、加点方式査定及び薄利多買を取り入れ、納得の買取金額を提供します。

査定をできるだけ簡単にするために、ウルナビでは「LINE」をつかった買取査定も行っています。ウルナビと友達登録し、買取してほしい愛車の写真を送るだけ一発査定してくれます。また友達登録しておけば、特典情報なども届きます。

ウェブサイトには実際の買取事例もいくつか紹介されています。例えば他車では62万円の買取価格だったトヨタ・ウィッシュが70万円や、28万円のトヨタ・ダイナが31万円など、他社よりも数万円高く買取っています。また現在、買取UPしている車種も具体的に掲載しています。

いろいろなキャンペーンも行っていて、現在は毎日1番目に成約すると3万円分、紹介した人が成約すると2万円分のJCBギフトカードがプレゼントされます。

愛車の売却を考えている方は一度、ウルナビをチェックして愛車が買取UPの車種に該当していたら、買取査定だけでもやってみて納得いく価格なら成約してプレゼントもゲットしましょう。

株式会社カーズワン

  • 住所:北海道札幌市清田区北野一条2丁目11−80
  • TEL: 011-802-7138
  • 営業時間:10:00〜20:00
  • 定休日:年中無休
  • ウェブサイト:http://www.cars1.jp/

独立系買取店だからこそできる対応

株式会社カーズワンでは、独立系買取店だからこそ出来る高価買取を強みとしています。広い道内全域をカバーし、出張査定も可能です。車買取はもちろんですが、重機械の買取・販売も手がけています。

あと1万円だけでも高く売りたいと考えているユーザーや、駆け引きなく即決したいユーザーから、スピーディーな対応で高評価を受けています。

対応は国産車だけでなく輸入車もOKなカーズワンですが、ウェブサイトのトップにポルシェ911カレラの画像を使っていることからも、スポーツカー系の買取や販売・メンテナンスに強いことがうかがえます。ポルシェなどのスポーツカーを愛車にしている人は、カーズワンを利用してみるのも良いでしょう。

買取だけでなく、中古車販売や修理・メンテナンス、事故サポートなど車に関することを幅広く行っているので、買取だけでなく買い替えを考えている人にもオススメな買取業者です。

出張査定買取センター北見店株式会社シートレード

  • 住所:北海道北見市並木町180番地1
  • TEL:0157-57-4700
  • 営業時間:9:30〜19:00
  • 定休日:木曜日

親切・丁寧・真心をモットーに

北見市を中心とした道東地区を営業エリアとし、愛車のベストな手放し方を提案します。親切・丁寧・真心をモットーに、気持ちの良い接客を心掛け、ユーザーに愛車を手放すことを後悔させない、オンリーワンの対応を目指しています。

国産車・輸入車問わず買取強化中なので、高価買取も期待できます。

GOOD UP

  • 住所:北海道旭川市神楽5条11-2-3
  • TEL:0166-74-6795
  • 営業時間:10:00-19:00
  • 定休日:日曜・祝日
  • ウェブサイト:https://good-up.jp/

地域密着型買取店

GOOD UPの中古車検査は「AIS」に委託しています。公平な立場の第三者機関が厳正な中古車検査を行うことで、安心・信頼のできる中古車流通を実現しています。なので、愛車を買取してもらうときも安心です。

車買取販売NextLeap

  • 住所:北海道帯広市西13条南29丁目4-12
  • TEL:0155-67-5292
  • 営業時間:9:30~19:30
  • 定休日:祝日
  • ウェブサイト:https://n-leap.net/

長く太く愛される買取対応

釧路・根室・帯広エリアを中心に、長く太く愛される買取対応を心がけています。少しでも役に立つことを最優先に行動し、地域1番を目指しスタッフ一同日々努力しています。

車の乗り換えを通じて、ユーザーが次へと飛躍できるように、損をしない取引を提案します。

車買取を依頼する連絡先はフリーダイヤル(0120-973-438)なので、通話料も掛からず安心です。その電話で査定日と査定場所を決めていきます。査定は完全無料なのでこれも安心です。

2017年から営業しているまだ新しい業者ですが、帯広と釧路を中心に地域密着型として、これから期待が持てる買取業者ではないでしょうか。

道央自動車株式会社

住所:【本社】 北海道札幌市東区東苗穂4条3丁目
TEL:011-781-1313
営業時間:8:30~17:30
定休日:第二土曜・祝日
ウェブサイト:http://www.douou-car.com/

創業50年の老舗業者
札幌市に本社を置く道央自動車株式会社は1970年10月創業で、2020年に創業50年を迎える老舗の買取業者です。専用の整備工場を持っているので、キズや凹みなども他の買取業者ほどのマイナス査定にならないところが嬉しいポイントです。

また海外にも販売ルートを持っているので、日本国内では不人気で買取価格が安くなる車種でも高値で買取ってもらえる可能性があります。愛車がマイナーな車種であれば、一度道央自動車株式会社に買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

車買取・販売カウル

住所:【釧路店】北海道釧路市鳥取北5丁目5-1
TEL:0120-970-909(3店舗共通)
営業時間:不明
定休日:不明
ウェブサイト:https://nexas2013.jp/kauru/index.html

自社ルートで高い買取価格を実現
釧路・帯広・北見の3拠点を構える「車買取・販売カウル」は、車の買取だけでなく中古車販売も手掛けています。買取した車の販売ルートは、どこかのルートを使うことなく自社独自のルートのため中間マージンが発生せず、その分を買取価格に反映しています。

そのため他の車買取業者よりも高く買取ることを実現しています。愛車の買取だけで利用しても高い買取価格が期待できますし、乗り換えのために買取&中古車購入で利用すれば、高い買取価格と安い販売価格に期待が持てるカウル。利用する価値はありそうです。

車買い取り直販店バイキング

住所:北海道旭川市永山3条4丁目2番2号
TEL:0166-40-4881
営業時間:夏季10:00~18:30、冬季10:00~18:00
定休日:お正月、ゴールデンウィーク、お盆
ウェブサイト:https://www.buyking.co.jp/

買取直販店がウリ
旭川に店舗を構える「バイキング」は、車買取から中古車販売、修理・メンテナンス、車検と車に関すること全てに対応できます。この中の中古車販売ですが、これは自社で買取した車を自社で販売する「買取直販方式」を行っています。

ほとんどの買取業者は買取した車をオークションに流すか、他の中古車販売店へ流すため中間マージンが発生します。そのため買取価格がその分安くなってしまいがちですが、バイキングは買取した車を自社で中古車として直接販売するため中間マージンが無くなります。

その無くなった中間マージン分を買取価格へ還元し、高い買取価格を実現させています。軽自動車からミニバン、SUVなどメーカー・車種を問わず取り扱っていますので、どんな車でも買取してくれるところも嬉しいポイントです。

ラストチャンス

住所:北海道江別市工栄町26番地8
TEL:011-374-7007
営業時間:不明
定休日:不明
ウェブサイト:http://lastchance.jp/

20年以上の実績あり
江別市に店舗を構える「ラストチャンス」は車買取だけでなく、新車・中古車販売でも20年以上の実績があります。買取査定は店舗持込だけでなく、出張査定にも対応しています。

名義変更、廃車手続きなどの面倒な書類手続きをはじめ、レッカー代や廃車費用は全て無料。必要書類を用意するだけなので、楽に買取してもらえます。

2017年度の査定買取率は92%と高く、過走行車をはじめ事故車や不動車も買取してくれるところが嬉しいポイントです。他で買取してもらえなかったり、希望価格が出なかった場合、最後にはラストチャンスに買取依頼してみましょう。

株式会社ディスワンオート木原

住所:北海道小樽市塩谷1丁目3番5号
TEL:0314-28-3939
営業時間:9:30~19:30
定休日:火曜日
ウェブサイト:http://www.thisoneauto.com/index.html

ディーゼル車&軽自動車に強い買取業者
小樽市に店舗を構える「ディスワンオート木原」は、ディーゼル車と軽自動車を高価買取すると断言するほど、ディーゼル車と軽自動車の買取に自信がある車買取業者です。

連絡先は店舗電話・FAX・メールそして直通で掛かる携帯電話と多岐にわたり、今時のウェブ申込みには対応していません。しかしネットが苦手な高齢者などには逆に嬉しい対応方法でしょう。

ディスワンオート木原も直販で対応しているので、買取価格には期待が持てそうです。即決現金払いなので、急な入用で車を手放したい人にも頼れる車買取業者ではないでしょうか。

まとめ

今回は、北海道の車買取について検証し、ご紹介しました。北海道という広大なエリアでは、車の必要性や地域性もやや異なります。しかしながら、悪路に強いSUV車や4WD車の人気は、時代が変わっても普遍的だと言えるでしょう。

そして北海道の買取業者は、農業が盛んな土地柄もあり、乗用車だけでなく重機などを取り扱っている業者も多く見られたのが特徴でした。店舗ごとに強みを持つ車種も異なりますので、様々なレビューを参考にしながら北海道の車買取業者を探しましょう。