ハッチバックのおすすめ車種8選!特徴・メリットも紹介

軽自動車やSUVに比べて人気が低迷気味のハッチバック。しかし、荷物の積載量や使い勝手の良さなど、ハッチバックならではの魅力がたくさんあります。

本記事ではドライバーに人気のおすすめハッチバック車種8選を紹介します。ハッチバックの特徴・メリットについてもふれているので、購入を検討している方はぜひチェックしてください。

ハッチバックとは?

ハッチバックは、独立したトランクルームがなく、跳ね上げ式や横開き式のバックドアがある車のことで、バックドア・テールゲートから荷室や居住空間にアクセスすることができます。

ハッチバックのバックドアは、跳ね上げ式と横開き式が主流ですが、まれにリヤウィンドウのみが開閉するスポーツカータイプもあります。

ルーフからバックドアまでラインが連なるワゴン仕様や、なだらかなクーペシルエットなど、ボディ形状はさまざまです。

ハッチバックは主に、荷室と居住空間が仕分けされていない2BOX車を指しますが、高級感あるCセグメント車両にも増えてきています。

ハッチバックの魅力とおすすめのタイプ

ハッチバックの魅力について簡単に紹介しましょう。

ハッチバックの魅力
  • 大きな荷物を載せやすい
  • コンパクトサイズで使い勝手がよい

ハッチバックは大きな荷物の出し入れがしやすく、後部座席から荷室にある物を取り出せるのがメリットです。とくに、跳ね上げ式バックドアを採用しているハッチバックは、底面から天井部までが高いため長尺の荷物でも出し入れが簡単です。

また、コンパクトなボディサイズで運転が苦手な方に扱いやすく、狭い道路走る機会が多い人にもおすすめです。

ハッチバックがおすすめなのはこんな人

ハッチバックはこんな方にとくにおすすめです。

  • まとめ買いなどで1度に乗せる荷物が多くなりがち
  • 狭い路地を走ることが多い
  • コンパクトで使い勝手のよい車種を探している

ハッチバックのおすすめ車種8選

ドライバーから人気のある、おすすめのハッチバック車種8選を紹介しましょう。

ホンダ N-BOX

車両価格 1,448,700円~
全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,790
最小回転半径(m) 4.5/4.7
燃費(N-BOX G FF) WLTCモード(km/L) 21.2
JC08モード
(km/L)
27.0

N-BOXの荷室には生活でありがちな小さな悩みを解決したいという想いが込められています。グレードによって、チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートを選択できるため、前にシートをずらすことで荷物を置ける空間を広げられます。

荷室幅は112cm。テールゲートが開けられない駐車場では、後部座席の座面を跳ね上げれば高さのある荷物も積めるチップアップが役立ちます。後席下に燃料タンクを配置しない設計により、低床で高い天井を実現。シートアレンジにより27インチ自転車も高く持ち上げることなく積載できます。

シンプルながら強い印象を残すのがN-BOXのスタイル。上品で落ち着きのある洗練された個性を感じさせます。ヘッドランプは凛々しさの中に愛嬌を持ち合わせる丸目のフルLEDです。

トヨタ プリウス

車両価格 2,597,000円~
全長×全幅×全高(mm) 4,575×1,760×1,470
最小回転半径(m) 5.1/5.4
燃費(プリウス E 2WD) WLTCモード(km/L) 32.1
JC08モード
(km/L)

フロントからサイドに伸びたダイナミックなラインから、大胆かつ繊細なこだわりを感じるエクステリアデザインです。低重心ボディなので安定した走りを期待でき、視覚と触覚において心地よさを感じられる、くつろぎの空間が室内に広がっています。

ハイブリッドシステムの高効率化やボディフォルム・アルミホイール形状の工夫、空力性能の向上などにより優れた低燃費を実現している車です。E-Fourシステム搭載車は無駄のないスムーズな動力制御により、雪道でも安心して走行できます。

小型化したハイブリッドバッテリーをリヤシート下に配置しているため、荷室容量は502L(2WD)と大容量です。シートバックを前倒しすれば、ワンアクションでゴルフバッグが4つ入るワイドスペースを確保できます。

ダイハツ タント

車両価格 1,243,000円~
全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,755/1,775
最小回転半径(m) 4.4/4.7
燃費(タント X 2WD) WLTCモード(km/L) 21.0
JC08モード
(km/L)
27.2

タントはゆったりくつろげて、積み降ろしも簡単にできるボディ設計が特徴です。荷室の開口幅は1,007mmで、開口高は1,061mm。荷室フロア高は580mmと低く設定され、大きな荷物や高さのある荷物を楽に出し入れできます。グレードによっては、リヤシート左右分割ロングスライドが可能で、荷室スペースをさらに拡大できます。

「DNGA」にもとづくプラットフォームを採用しているため、高速道路やカーブの多い道でも高い操縦安定性や思い通りのスムーズな加速が可能です。車両の安定感アップだけでなく、やわらかいスプリングで乗り心地も快適です。

自然吸気エンジンを搭載している2WD車の燃費はJC08モードで27.2km/L、ターボエンジンを搭載している2WD車でもJC08モードで24.8km/Lと低燃費なので、タントの一部グレードは低排出ガス車・燃費優良車として認められています。

スズキ ワゴンR

車両価格 1,098,900円~
全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,650
最小回転半径(m) 4.4
燃費(ワゴンR FA 2WD CVT) WLTCモード(km/L) 24.4
JC08モード
(km/L)
26.8

ワゴンRの前席ヒップポイントは地上高635mmで、人の車を利用する際の身のこなしや動作にもとづいた使いやすい設計。CVT車はフラットなベンチシートを採用しているため、運転席と助手席間をスムーズに移動できます。また、室内高1,265mm×室内長2,450mmとコンパクトな外観からは想像できない室内の広さが特徴です。大人4人が乗ってもゆったりとくつろげて、後部座席でも足を伸ばして座れます。

低床&大開口の荷室も魅力的です。開口高840mm、開口幅1,165mmと広いので大きな荷物も楽に出し入れできます。ショッピングやレジャーなどさまざまなシーンで活躍します。

一部グレードはモーターで低燃費をアシストする、マイルドハイブリッド車。HYBRID FZ・FXの2WD車の燃費はWLTCモードで25.2km/Lです。燃費優良車の2030年度基準を達成し、低排出ガス車としても認められているため、エコカー減税対象となり、自動車重量税は50%減税されます。

日産 ノート

車両価格 2,029,500円~
全長×全幅×全高(mm) 4,100×1,695×1,525/1,535
最小回転半径(m) 4.7/5.2
燃費(ノートS・X) WLTCモード(km/L)
JC08モード
(km/L)
22.6

2021年度グッドデザイン賞を受賞しているノートは2トーン2色、モノトーン11色の全13色がラインアップされています。電制シフトは、高級感のあるピアノブラック調フィニッシャーでラグジュアリーな質感を演出。全席中央には大型センターコンソールが設置され、フロントセンターアームレストの下に便利な収納スペースを確保しています。

広々とした荷室はラゲッジランプが付いているので夜間の荷物の積み込みでもしっかりと明るさがあり便利です。さらに、カップホルダー・フロントドアポケット・リヤドアボトルホルダー・センターコンソールボックス・助手席シートバックポケットなど収納スペースも盛りだくさんです。

第2世代e-POWERを搭載しした新型ノートは、力強さ・なめらかさ・静けさのバランスがよく、ドライブがより楽しめることでしょう。発進・追い越しでスムーズな加速を実現し、アクセルオフでなめらかに減速するためワンペダル感覚で走行できるのが魅力です。

ホンダ フィット

車両価格 1,557,600円~
全長×全幅×全高(mm) 3,995×1,695×1,540/1,515
最小回転半径(m) 4.9/5.0/5.2
燃費(フィット BASIC FF) WLTCモード(km/L) 20.4
JC08モード
(km/L)
24.2

シンプルなデザインで、すっきりしたフロントデザインは親しみを感じさせる表情に。5つのタイプはライフスタイルに合わせたそれぞれの個性を引き立てます。タイプはそれぞれ、シンプルなBASIC、上質さがプラスされたHOME、2トーンカラーが選べるNESS、どんなシチュエーションにも合うCROSSTAR、スタイリッシュに洗練されたLUXE、走りと機能性を追求したModuloXの5タイプとなっています。

人の骨格を研究して作られたボディ―スタビライジングシートを採用しているため、長時間のドライブも疲れにくく心地よい座り心地です。どの席に座っても足が組み替えられるほどのゆったりとした空間があります。

テールゲートの開口幅が広く、腰の高さに合わせているため大きな荷物も積み降ろしも楽々。後部座席を倒せば荷室空間をさらに拡大でき、荷物の形や大きさに合わせてシートを自在にアレンジできるのもフィットのメリットです。

トヨタ アクア

車両価格 1,980,000円~
全長×全幅×全高(mm) 4,050×1,695×1,485(1,505)
最小回転半径(m) 4.9/5.2
燃費(アクア B) WLTCモード(km/L) 35.8
JC08モード
(km/L)

毎日のドライブに寄り添うコンパクトなボディサイズと、シンプルで上質なインテリアが特徴です。室内は、後部座席にも十分なゆとりを確保。高剛性ボディなだけでなく吸音材を設定し、遮音材を適所に配置しているなど静粛性を追求しています。

荷室は最大幅1,153mm×高824mm×長656mm。大きな荷物の積み降ろしにも十分な広さがあり、5名乗車時でも荷室の奥行きをしっかり確保できます。E-Fourモデルには荷室をほぼフラットにできるデッキボードを標準装備しています。

1.5Lハイブリッドシステムと1.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載しているため、エントリーモデルでもWLTCモード35.8km/Lという低燃費性能です。ドライブスイッチで「POWER+」モードを選択すれば、加速性能がアップしアクセルペダルのみで速度の調整がしやすくなるのも注目ポイントです。

ミニ THE NEW MINI 3 DOOR

車両価格 2,890,000円~
全長×全幅×全高(mm) 3,880×1,725×1,430
最小回転半径(m)
燃費(The New MINI 3 Door ONE) WLTCモード(km/L) 16.2
JC08モード
(km/L)
17.6

MINIのオリジナリティを活かした、ダイナミックなシルエットと楕円形ヘッドランプが華やかな印象を与えるエクステリア。狭い道でもスムーズに運転しやすいコンパクトなボディサイズで、取り回しやすい1台です。60:40分割可倒式シートを活用すればミニながら最大731Lの荷室を確保できます。

採用しているツインパワー・ターボ・エンジンは、アクセルを踏むと瞬時にトルクを発生しスムーズな加速とパワフルな走りを実感できます。高速での低重心で安定したハンドリングを楽しめるでしょう。

用途や好みに合わせてお気に入りの1台を選ぼう

ハッチバックの中にもボディ形状やバックドアのタイプは車種によって異なるため、それぞれの得意分野をチェックするのは大切です。家族の人数や用途はもちろん、興味のある車種はユーザーレビューもチェックして納得のいく1台を選んでください。