軽自動車の平均価格は?軽自動車の車種別価格帯を調べてみた!

軽自動車を選ぶ理由は人それぞれですが、その中でも普通自動車よりも安く購入できるところにメリットを感じている人は多いと思います。しかし、最近の軽自動車は性能がよくなった分、昔に比べて車両価格が上がってきています。現在の軽自動車の車両価格はどれくらいなのでしょうか。車種別にも調べてみましたのでお伝えします。

※乗用車タイプで調べています。

軽自動車の平均価格

新車でおよそ85万円以上~228万円以下

現在の軽自動車の新車販売価格は、乗用車タイプでおよそ85万円以上~286万円以下です。新車価格が一番安い軽自動車はダイハツ ミラで842,400円、一番高い軽自動車はホンダS660で2,850,120円になります。商用車の軽トラックなら新車でも65万円からあります。285万円以上するホンダS660は最上位の特別グレードです。

どちらも一般ユーザーが普通に購入することは少ないため、軽自動車を新車で購入する場合の価格帯は、およそ85万円~228万円以下となります。

中古車なら50万円以下もある

現在では、軽自動車を新車で購入するには最低でも84万円以上を出さなければなりませんが、中古車の軽自動車なら50万円以下でも購入することが可能です。しかし中古車ですから、新車のように程度は一定ではありません。中古車価格が安くなればなるほど、走行距離が多かったり外観や内装の程度が悪くなってきます。

ある程度の走行距離やキズなどは気にならないという方であれば、軽自動車を中古車で購入することは経済的な面で大きなメリットがあるでしょう。

トールワゴンタイプ軽自動車の価格帯

122万円以上~228万円以下

軽自動車の車種に<トールワゴン>というタイプがあります。普通自動車でいうミニバンに相当する車種です。車の全高が高い(トール)ことから名づけられています。トールワゴンタイプの軽自動車は各軽自動車メーカーから発売されており、新車価格はおよそ122万円以上~228万円以下となっています。

ホンダN-BOX

トールワゴンタイプの中でも代表的な車種としては、ホンダN-BOXになるでしょう。トールワゴンタイプの中で一番売れているからです。そのホンダN-BOXの特徴などをご紹介します。

サイズ

ボディーサイズは、全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,790〜1,815㎜です。全高はグレードにより違いがあります。

燃費

燃費は、JC08モード燃費でノンターボエンジン、ターボエンジン、FF、4WDの組み合わせで以下のようになります。

  • ノンターボエンジンFF:27.0km/L
  • ノンターボエンジン4WD:25.4km/L
  • ターボエンジンFF:25.6km/L
  • ターボエンジン4WD:23.4km/L

車内空間

室内空間のサイズは、長さ2,240㎜×幅1,350㎜×高さ1,400㎜とトールワゴンタイプではトップクラスの広さです。シートタイプは<ベンチシート仕様><スーパースライド仕様><スロープ仕様>と多数あります。新車で購入する場合は事前に選択することが可能ですが、中古車の場合は自分の好みのシートタイプを探す必要があります。

デザイン

ボディーデザインは、シンプルな直線的なボックスタイプのため、見切りがよく車両感覚がつかみやすいでしょう。グレードでフロントマスクやヘッドライトの形状が違い、標準タイプは丸目のヘッドライトでかわいらしい印象、走りを意識したカスタムはメッキバーとヘッドライトが一体的に作られカッコイイ印象となっています。

中古車買取価格相場

ホンダN-BOXには、2011年~2017年の初代と2017年~の2代目があります。年代別の中古車買取価格相場は以下になります。

  • 2011年式:およそ37万円 ~ 84万円
  • 2012年式:およそ49万円 ~ 94万円
  • 2013年式:およそ51万円 ~ 97万円
  • 2014年式:およそ52万円 ~ 90万円
  • 2015年式:およそ54万円 ~ 129万円
  • 2016年式:およそ66万円 ~ 130万円
  • 2017年式:およそ78万円 ~ 166万円
  • 2018年式:およそ101万円 ~ 171万円

SUV・クロカンタイプ軽自動車の価格帯

110万円以上~185万円以下

軽自動車の車種に<SUV>や<クロカン>というタイプがあります。SUVはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの頭文字から来ています。クロカンはクロスカントリーの略です。SUVとクロカンはフレーム構造が違うのですが、どちらもアウトドアで主に使用されることからひとくくりにされる場合があります。ここでもひとくくりで取り扱います。

SUVおよびクロカンの新車価格はおよそ110万円以上~185万円以下となっています。

スズキハスラー

SUV・クロカンの車種で一番人気があるのは、スズキハスラーでしょう。街中でもスズキハスラーはよく見かけます。スズキハスラーは、トールワゴンをベースにSUV化した軽クロスオーバーと言われています。ちょっとしたお買い物から海、山などのアウトドアのドライブまで幅広くこなしてくれる軽自動車ということになります。

サイズ

ボディーサイズは、全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,665㎜です。トールワゴンをベースにしているので、全高は普通の軽自動車よりも高くなっています。

燃費

燃費は、JC08モード燃費でエンジンはターボエンジンのみ、FF、4WDの組み合わせで以下のようになります。

  • ターボエンジンFF:27.8km/L
  • ターボエンジン4WD:26.2km/L

車内空間

アウトドアでの使い勝手を考えたシートアレンジが特徴です。サーフボードのような長いものから、釣りやバーベキュー、キャンプなどの大きな荷物や多い荷物も積み込めるようなシートアレンジが可能です。また、車中泊ができるようにシートをフルフラットにすることも可能です。

室内の天井も普通の軽自動車よりも高めになっているため、子供はもちろん大人でも室内での着替えなどが楽に行えます。

デザイン

ボディーデザインは丸目のヘッドライトが特徴的で四角いボディですが、角は丸みを帯びて全体的にかわいらしいイメージとなっています。スズキハスラーの一番の特徴はボディーカラーの多さです。ワントーンカラーが5色、ツートンカラーが10色の合計15色もあります。

中古車買取価格相場

スズキハスラーは2014年発売が初代で、今も新車として現行で販売されています。年代別の中古車買取価格相場は以下になります。

  • 2014年式:およそ39万円 ~ 77万円
  • 2015年式:およそ54万円 ~ 119万円
  • 2016年式:およそ63万円 ~ 127万円
  • 2017年式:およそ64万円 ~ 130万円

ワンボックスタイプ軽自動車の価格帯

142万円以上~179万円以下

軽自動車の車種に<ワンボックス>というタイプがあります。ワンボックスタイプはその名の通り、ひとつの箱のようなボディ形状をした軽自動車です。主に商業車に多く採用されているボディタイプですが、乗用車にもいくつかの車種が存在します。ワンボックスタイプの新車価格はおよそ142万円以上~179万円以下となっています。

スズキエブリィワゴン

ワンボックスタイプの軽自動車で代表的な車種は、スズキエブリィワゴンになります。現在の軽自動車ワンボックスタイプで新車価格が一番安い車種でもあり、乗用タイプ、商用タイプともによく売れています。

サイズ

ボディーサイズは、全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,815-1,910㎜です。全高1,815㎜は標準ルーフ、1,910㎜はハイルーフの寸法になります。

燃費

燃費は、JC08モード燃費でエンジンはターボエンジンのみ、FF、4WDの組み合わせで以下のようになります。

  • ターボエンジンFF:16.2km/L
  • ターボエンジン4WD:14.6km/L

車内空間

軽キャブワゴンNo.1の室内空間をアピールするほど、スズキエブリィワゴンの室内空間はとても広くなっています。室内寸法は、長さ2,240㎜×幅1,355㎜×高さ1,420㎜となっています。

※軽キャブワゴンは1BOX型軽乗用車のことです。室内寸法のNo.1はスズキ自動車が2018年5月現在で調べたもので、他社でも同数値の軽自動車はあります。

デザイン

ワンボックスタイプというボディースタイルは、古くはフロントタイヤが運転席の真下にありました。そのため、カーブを曲がるときのハンドルを切るタイミングが普通の自動車とは違っていました。しかし、スズキエブリィワゴンは、フロントタイヤが運転席よりも前に配置されているので、ハンドル操作も普通の自動車と同じ感覚で行えます。

ワンボックスといえば商業車のイメージが強いですが、スズキエブリィワゴンは今流行りのトールワゴンに見劣りしないくらいスタイリッシュになっています。

中古車買取価格相場

スズキエブリィワゴンは、1999年~2005年の初代と2005年~2015年の2代目、そして2015年~の3代目があります。年代別の中古車買取価格相場は以下になります。

  • 1999年~2005年式:およそ0円~48万円
  • 2006年式~2010年式:およそ14万円~79万円
  • 2011年式:およそ33万円~85万円
  • 2012年式:およそ48万円~91万円
  • 2013年式:およそ51万円~94万円
  • 2014年式:およそ52万円~95万円
  • 2015年式:およそ53万円~121万円
  • 2016年式:およそ88万円~132万円
  • 2017年式:およそ92万円~135万円
  • 2018年式:およそ103万円~142万円

セダンタイプ軽自動車の価格帯

85万円以上~173万円以下

軽自動車の中でも<セダン>というタイプが一番古くからあります。昔はリアデッキまである3ボックスというボディータイプが主流でしたが、軽自動車のボディーの大型化が進んだ1990年代にはリアデッキがない2ボックス型が主流となり、現在もその流れのままです。

新車価格では、一番安いものからラインナップされており、本来の軽自動車の良さである低価格と小回りのきくボディーのコンパクトさを兼ね備えているのは、このセダンタイプでしょう。セダンタイプの新車価格はおよそ85万円以上~173万円以下となっています。

スズキアルト

スズキアルトはセダンタイプの代表車種だけではなく、軽自動車全体の代表車種ではないでしょうか。スズキアルトは1979年に登場しました。その時のキャッチフレーズが「アルト47万円」で、新車価格がなんと47万円という破格な値段で話題となりました。その後もアルトは軽自動車の代名詞として現在も新車で販売されています。

現行型の一番安い新車価格は847,800円で、これはダイハツミライースの842,000円に負けてしまいましたが、それでも十分に低価格な軽自動車と言えるでしょう。

サイズ

ボディーサイズは、全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,500㎜です。全長と全幅は軽自動車の規格サイズいっぱいに作られています。

燃費

燃費は、JC08モード燃費でエンジンはノンターボエンジンのみ、FF、4WDの組み合わせで以下のようになります。

ノンターボエンジンFF:37.0km/L
ノンターボエンジン4WD:33.2km/L

車内空間

室内空間は、トールワゴンやSUV、ワンボックスタイプに比べると狭くなります。特に全高が1,500㎜前後になるため、ヘッドクリアランスが狭くなります。しかし、全長と全幅は他のタイプと同様に軽自動車の規格サイズいっぱいに作られているので狭さはさほど感じないでしょう。

デザイン

全体的なボディーデザインは、軽自動車の5ドアセダンらしい2ボックスタイプです。現行型では、特にヘッドライトとリアハッチのデザインに特徴を持たせており、遠くから見てもスズキアルトだとわかるようになっています。誰にでも受け入れられるデザインとは言いがたいですが、独創的なので人と違う軽自動車に乗りたい方にはおススメでしょう。

中古車買取価格相場

スズキアルトは1979年に発売されてから、現在の今も新車として販売されています。あまりにも古い年式では値段がつかないため、2011年以降の中古車買取価格相場をご紹介します。

  • 2011年式:およそ12万円 ~ 35万円
  • 2012年式:およそ19万円 ~ 38万円
  • 2013年式:およそ20万円 ~ 35万円
  • 2014年式:およそ21万円 ~ 44万円
  • 2015年式:およそ29万円 ~ 51万円
  • 2016年式:およそ37万円~65万円
  • 2017年式:およそ46万円~81万円
  • 2018年式:およそ59万円 ~ 87万円

スポーツタイプ軽自動車の価格帯

130万以上~219万円以下

軽自動車でも走りを楽しみたいユーザーは多く、過去にはホンダビートやスズキカプチーノ、マツダAZ-1などが人気でした。これらの軽自動車は<スポーツ>タイプの軽自動車で、走ることをメインに作られています。現在でもスポーツタイプの軽自動車はいくつか発売されています。

スポーツタイプの新車価格は、およそ130万円以上~219万円以下となっています。

代表車種ホンダS660

現在、新車で購入できるスポーツタイプの軽自動車はいくつか存在しますが、その中でも群を抜いて人気があるのがホンダS660です。現行の軽スポーツタイプで唯一のMR(ミッドシップエンジン、リア駆動)レイアウトで、まさに真のスポーツカーとなっています。

サイズ

ボディーサイズは、全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,180㎜です。スポーツカーらしく全高はとても低く作られています。

燃費

燃費は、JC08モード燃費でエンジンはターボエンジンのみですが、トランスミッションが6速マニュアルトランスミッションとCVTがあります。それぞれの組み合わせで以下のようになります。

  • 6速マニュアルトランスミッション:21.2km/L
  • CVT:24.2km/L

車内空間

ホンダS660は、走りを重視した設計からミッドシップレイアウトという真のスポーツカーのため、乗車定員は2名とかなり狭い状態です。横幅は軽自動車の規格サイズいっぱいに作られていますが、エンジンがシートの真後ろにあるため、リクライニングもほとんどできない作りになっています。

デザイン

ボディーデザインは、直線を基調としたまさにスポーツカーといった感じです。先代のホンダビート同様に、ルーフはオープンにできるタイプとなっていますので、体で風を感じながら走りを楽しむことができます。

中古車買取価格相場

ホンダS660は2015年に発売されています。年代別の中古車買取価格相場は以下になります。

  • 2015年式:およそ95万円 ~ 150万円
  • 2016年式:およそ111万円 ~ 154万円
  • 2017年式:およそ118万円 ~ 159万円
  • 2018年式:およそ136万円 ~ 167万円

まとめ

いかがでしたか。軽自動車は普通自動車に比べて税金も維持費も安いため、経済的負担が少ないのがメリットです。さらに最近の軽自動車は、昔に比べて車体も大きくなり安全面でもかなり進化しています。

その分、車両価格が高くなってきており、車種によっては普通自動車よりも高いものもあります。そのため、中古車の軽自動車を狙えば、お手頃な車両価格を見つけることができるでしょう。