ミラココアの買取価格を上げるためには?ミラココアの高額買取の極意!

シンプルで親しみやすいデザインが特徴的なダイハツミラココア。ミラココアは既に製造終了しているため、中古車の買い取り価格が高まっています。できるだけミラココアの買取価格を上げるためにはどうすればよいのでしょうか。ミラココアの人気グレードや色、オプションなどを知って置くことは大切です。現在、ミラココアがどれほどの価格で買取されているのかもチェックしておきましょう。

ダイハツ ミラココアの特徴

発売期間: 2009年㋇~2018年3月

ダイハツのミラココアは若い女性をターゲットとしているため、外装と内装ともにシンプルかわいいデザインになっています。ダイハツの公式サイトによると「らしくない」「小難しくない」「肩の力の抜けた」がミラココアのキーワードになっており、気取らなくてもよい愛らしい印象のボディデザインが特徴です。

ミラココアには全車<運転席シートリフター><チルトステアリング><アジャスタブルショルダーベルトアンカー>が装備されています。

エンジン: 3気筒「KF-VE型」×CVT or 4速OT
エンジン排気量: 660㏄
ボディサイズ: 全長3395㎜×全幅1475㎜×全高1530㎜
燃費: 18~23㎞/L

ミラココアのグレードバリエーションは以下の3種類です。

  • ココアL
  • ココアX
  • ココアプラスG

もっとも上質なミラココアのグレードであるココアプラスGにはバックモニター内臓ルームミラーが標準装備されています。そのためバック駐車が苦手な方でもバックモニターを確認しながら楽にハンドルを操ることが出来るよう工夫されているといえます。

ミラココアの最新相場

ミラココアは現在生産されていないため、購入するには中古車を探さなければなりません。ですから、ミラココアの中古車は価値が高く高価買取されているはずです。

では、ミラココアの最新相場をグレードや年式別にチェックしてみましょう。ミラココアの買取価格・相場がランキング式になっているサイトを参考に、カーオクサポート・業者間オークション・ヤフオクの買取価格をご紹介します。

  • ココアプラスX 平成28年L685S(4WD): 112~166万円
  • ココアプラスX 平成28年L675S: 104~158万円
  • ココアプラスXスマートセレクションSN 平成27年L675S: 103~157万円
  • ココアX 平成28年L685S(4WD): 101~155万円
  • ココアプラスXリミテッド 平成28年L675S: 99~153万円
  • ココアプラスX 平成26年L685S(4WD): 97~151万円
  • ココアプラスXリミテッド 平成28年L685S(4WD): 96~150万円
  • ココアプラスX 平成27年L675S: 96~150万円
  • ココアL 平成28年L685S: 95~149万円
  • ココアL 平成27年L685S(4WD): 93~147万円

参照データ:価格com

このように、グレードや年式が同じ車種の中でも買取価格にばらつきがみられることが分かります。ですから、買取を決定する前にいくつかのお店で査定してもらったほうが良いでしょう。

また、平成28年式のミラココアは生産終了年に販売されているものですから、ミラココアの中では最新でありこれからもその上の価格は出てこないでしょう。つまり平成28年式のミラココアは現在最も高価買取されるものと言えます。

参考にしたデータはランキング上位のみですので、ミラココア全車を対象にすれば50万円以下のの予想買取価格になるものもあります。自分が乗っているミラココアがどれほどの買取価格が相場なのかをしっかりチェックしておくことは大切です。

ミラココアの人気グレード<プラスX>とその残価率

先ほど紹介したミラココアの買取額相場でも何度も登場していますが、ミラココアプラスXは非常に人気が高く高価買取されるグレードです。ミラココアプラスXの特徴についてご紹介しましょう。

ミラココアのプラスXのサイズや燃費は次の通りです。

サイズ: 全長3395㎜×全幅1475㎜×全高1560㎜
ホイールベース: 2490㎜
車両重量: 810kg
JC08モード燃費: 29㎞/L

ミラココアプラスXにさらにリミテッドがついたモデルは、低燃費に特化した車になっており、運転の仕方次第では燃費が30㎞/Lに届くものとして大変人気があります。軽自動車でありエコカーでもあるため税金対策にもおすすめの人気グレードです。

ミラココアプラスXの買取残価率は約30%~60%程度であるといわれています。ただし、すでに生産終了しているミラココアは時間がたつとともにどんどん買取は落ちていくことが予想されます。現在は終了してそれほど時間がたっていないため高価買取されていますが、人気グレードであるかどうかにかかわらずいつまでたっても高価買取される車種である、と油断することはできません。

ミラココアをより高額に買い取ってもらうポイント

ミラココアをより高額に買い取ってもらうために人気カラーやオプションを知って置くことは大切です。ミラココアは若い女性をターゲットとしているためかわいいカラーバリエーションとなっています。パールやメタリックなどカラー特有の輝きも人気です。

また、グレード別に設定できるオプションによっても買取価格は異なります。高価買取してもらえるミラココアのカラーやオプションをご紹介いたしましょう。

ミラココアはカジュアルカラーが人気

ミラココアのカラーは11種類あります。その中でも特に人気のあるカラーは次の3つです。

  • ミストブルーマイカメタリック
  • ムースピンクパール
  • プラムブラウンクリスタルマイカ

ミストブルーマイカメタリックは他の車種ではみつけることができないような、ダイハツミラココアならではのシンプルかわいい水色です。どこにでもありそうな無難なカラーではなく女性らしさと知性を結び付けてくれるカジュアルなブルーカラーはとても人気があります。インパネやシートのカラーを好みで組み合わせることが出来ますが、内装がブラウンやベージュ系になっているミラココアは人気です。

ムースピンクパールは2018年モデルのミラココアにしかない優しい色合いが女性に大人気のカラーです。車の色にも可愛さを求める女性たちに大人気ですので、買取価格にも大きく影響してくることでしょう。ムースピンクパールのミラココア内装カラーはピンクベージュが人気です。とにかく甘さにこだわって選ばれている人気カラーと言えるでしょう。

プラムブラウンクリスタルマイカは年代に関係なく女性を魅了しているミラココア人気カラーです。大人っぽいクラシカルな雰囲気のある色は長年愛車として連れ添いたくなる秋の来ない色と言えるでしょう。同じ系統色のインパネとシートが選ばれていれば買取価格も高くなるはずです。

ミラココア人気グレード<プラスX>についていると良いオプション

ミラココアはオプションもカスタムパーツも種類豊富ですが、オリジナルの車になり過ぎていると買取価格が下がってしまう恐れがあります。ほどよく便利でミラココアを高価買取してもらうためのポイントとなる人気オプションは次の2つです。

  • LEDルームランプ
  • ルーフレールキット

ミラココアには+25000円ほどでLEDライトをルームランプにすることが出来ます。しかも、ただのランプではなくイオン効果によって車内のウイルスを除去することが出来るプラズマクラスター搭載のルームランプですので衛生面に気を使う方にとってかなり魅力的なオプションとなります。アクセサリー感覚でつけられるかわいい見た目をしているものです。

ルーフレールキットはルーフレールがついているミラココアにオプション追加しておくと高価買取されるポイントとなります。かわいいミラココアの風貌とは少しミスマッチのルーフレールキットはそのアンバランスさが魅力となるようです。+46,000円で付属することが出来ます。かわいさにかっこよさもプラスされているミラココアは買取価格がアップすることでしょう。

このようにミラココアに便利で見た目もさらにオシャレになるオプションパーツがついていることで、高価買取を目指すことが出来るのです。

10年落ちミラココアの場合値段はつくか?

ミラココアは2008年に生産が始まり、2018年に生産終了しました。つまり、最も古いミラココアで10年落ちなのです。10年落ちしているミラココアの買取想定額は10万~23万といわれています。

ミラココアは生産終了しているため、ここ10年間で生産されてきたミラココアはどれも価値が高く買取されています。もちろん、2018年に販売されている新型ミラココアと比べるとかなり買取価格は落ちますが、値段は確実につくはずです。走行距離や修復歴の有無などによっても買取価格は変動するため、いくつかのお店で査定に出すと良いでしょう。

これから年月が経って、10年落ちのミラココアの価値が落ちていくことは明らかですので、10年落ちミラココアをできるだけ高く買い取ってもらうためには生産終了して間もない今のタイミングが最適であるといえるでしょう。

まとめ

現在生産終了しているミラココアの人気グレードや色、オプションを紹介してきました。もし、それら高価買取されるミラココアにあなたの所有しているミラココアが当てはまっているのであればチャンスです。型落ちしていく前にできるだけ高く買い取ってもらいましょう。もし、まだ買取を悩んでいるのであれば、一度査定に出してみるのはいかがでしょうか?

初版の10年落ちしているミラココアでも値段はつきます。車両の状態よりも走行距離やメンテナンスがきちんとなされているかが高価買取されるかどうかの目安となりますので、丁寧に乗ることが大切です。