匿名で車買取相場がわかる?調査方法や相場変動の要因とは

愛車として乗り続けてきた車を買取に出すとき、だいたいどのくらいの値段で売れるものなのか?気になるところだと思います。

そんな疑問を解消するのに役立つのが買取業者への査定依頼ですが、査定の依頼をするためには名前、住所など個人情報が必要となり、躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。査定依頼をすると買取業者はしつこい営業をしてくることが多々ありますので、できれば個人情報を教えずに車買取相場を知りたいものです。

今回は、個人情報を漏らすことなく匿名で車買取相場がわかる、調査方法や相場変動の要因について見ていきましょう。

車買取相場を匿名で知る方法

しっかりとした買取価格を知るためには買取業者へ査定依頼し、実際に車の状態をチェックしてもらうのが一番確実な方法です。しかし、査定依頼をする際は個人情報の登録は必須となり、逆に言うと個人情報の登録をしないと正確な査定は受けることができません。

個人情報というのは買取業者にとっては販売リストという価値の高いものであり、営業を仕掛けることによって何かしらのサービスを提供し対価を得るのに必要なものになります。しかし、査定依頼をする以外でも匿名で車買取相場を確認できる方法があり、それには買取相場をチェックして確認できる、あらゆるWEBサイトを活用することです。

シュミレーションするWEBサイトによって多少の機能差はありますが、車種、年式、グレードなどを入力することで簡単に買取相場価格が表示されるというものです。

ここでは、車買取相場を確認できるいくつかの方法をご紹介していきましょう。

メーカーや買取店の買取相場からチェックする

日産やトヨタいったメーカー、ガリバーなどの買取店は買取価格を簡単に調べることができる検索サイトを公開しています。こちらは車に対する知識が無かったり買取経験が無いというユーザーでも、自分の車がどのくらいの相場で掲載されているかがわかるものなので便利です。

入力項目も少なく、わずか数秒でチェックできますので参考にしてみるのも良いでしょう。

【1】日産下取り参考価格シュミレーション

日産が提供する下取り参考シュミレーションでは、

  1. メーカー、車種
  2. 年式
  3. グレード、仕様

といった情報を入力して検索するだけで、ある程度の買取相場をチェックすることができます。

ただし、日産が提供しているWEBサイトですので、日産のデータには強いのですが他メーカーのデータについては弱く、信頼性が高いとは言い切れない部分があります。

そのあたりを考慮して利用するのであれば問題なく、買取相場を手軽にチェックするのには最適です。

【2】トヨタ下取り参考価格情報

トヨタが提供する下取り参考価格情報というWEBサイトでは、

  1. メーカー、車種
  2. 年式
  3. モデル、ボディタイプ
  4. 仕様、グレード

といった、おおまかに分けて4つの項目を入力し検索すると買取相場をチェックできます。

しかし、このトヨタ下取り参考価格情報は情報量がとても少ないというデメリットがあります。例えば全てのグレードが網羅され掲載されているわけではなく、数種類のグレードだけ掲載されています。掲載されていないグレードは確認することができず、あくまで掲載されているグレードのみ確認できるといった状態です。

あくまで参考程度に留め、他の買取相場の確認方法と合わせて活用するのが良いでしょう。

【3】ガリバー中古車買取相場

ガリバーが提供する中古車買取相場というWEBサイトでは、

  1. メーカー(ブランド名)
  2. 車種

という2つの項目入力のみで、最高査定額と最低査定額をチェックすることができます。

大手の車買取店であるガリバーは自社の買取実績を買取相場をとして反映させているので、ある程度精度の高い買取相場と言えるでしょう。

もっと綿密な情報を知りたいのであれば、より詳しい車の情報と個人情報を入力して査定依頼をする必要があります。

中古販売価格から買取相場をチェックする

メーカーや買取店が公開しているwebサイトである程度の買取相場を確認することができますが、簡単な分精度は落ちてしまいます。

ここでご紹介する方法は少しだけ手間が必要になりますが、メーカーや買取店のwebサイトでの確認方法に比べると精度が上がります。こちらの方法は、大手中古車検索サイトの情報からちょっとした計算を通して相場を割り出すものです。

実際の手順ですが、

  1. グーネット、カーセンサーといった大手の中古車検索サイトを開く。
  2. 検索機能を使い、現在所有している車とほぼ同じ条件の中古車を検索し、5台ほどピックアップしておく。
  3. 5台ほどピックアップした中古車販売価格の平均値を割り出す。
  4. 割り出した販売価格の平均値から30%を差し引いたものが概算での買取相場

となっており、調べるのもそれほど難しいことは必要としていません。

車の買取業者の多くは自社で直接販売をしており、販売価格のうち利益や経費が約30%を占めていると言われています。中古車平均販売価格の平均値からこの30%を差し引くことで、概算での買取相場が見えてきます。

例えばですが、ある車に対して割り出した平均販売価格が200万円であれば、200万円の30%は60万円ですので「200万円ー60万円=140万円」という金額が買取相場として算出できます。

オークション取引相場からチェックする

こちらの方法はどちらかというと、中古車市場であまり出回っていない、数が少ない車の概算での買取相場をチェックできる方法です。

あまりに数が少ないと大手の検索サイトで確認してもあまりヒットせず、台数をピックアップできないため、買取相場を割り出すことができません。しかし、基本的には業者しか見ることのできないオークションの取引相場をチェックすることで、数が少ない車の買取相場をチェックできます。

オークションの取引相場が確認できるWEBサイトは、

  1. オークサポート
  2. カーオクサポート

という2つが有名で、車の情報を入力することで、どのくらいの価格で取引されているかがわかります。

オークサポートもカーオクサポートは国内、海外の各メーカーが販売している車種がほぼ網羅されており、車種、年式、走行距離、グレード、形式、装備など細かな部分も掲載されているので、現在所有している車と同じ条件の車を探すことができるでしょう。

車買取業界に勤める家族や友人、知り合いに聞いてみる

こちらの方法は、もし車業界に家族や友人、知り合いがいればという前提条件がついてしまいますが、詳しい買取相場をチェックできる方法でもあります。

ディーラーや車買取業者など、車業界に長年勤めていればいるほど買取相場を細かくチェックしていますし、実際に仕事でも使っているのである程度買取相場には敏感です。もし家族や友人などが車業界にいるのであれば、買取相場を教えて欲しい旨を説明し、現在所有している車の車種や年式、型式、走行距離などの情報を伝えましょう。

人によっては車業界の情報を教えるのに躊躇する、断られることがありますが、その際は無理せず教えてくれる場合だけ頼ってみるのが良いでしょう。車業界からの買取相場情報はより精度が高いので、とても参考になります。

もし教えてくれた場合はしっかりとお礼をするなど、その人との関係性を崩さないフォローも大切です。

買取相場価格が変動する要因

車の買取相場というのは買取価格の平均値であり、常に流動しているので一定の価格を保つことはありません。そして、車の買取相場は様々な要因が絡み合い、多くの要素を統合しながら決定しますので、一つの評価軸で決まっているわけではありません。

ここでは、買取相場に影響を与える様々な要素を細かく見ながら、買取相場価格が変動する要因について見ていきましょう。

車そのものの要因

車には車種や年式、型式、カラーなど、車それぞれに違いがあり、その違いが買取相場価格を変動させる一つの要因となります。

それぞれの車のどのようなところが買取相場価格を変動させているのか、チェックすることは大切です。

【1】車種やモデル

車の車種やモデルというのは買取相場価格に影響を及ぼし、人気のある車種や新しいモデルは中古車市場でも群を抜いて注目されます。しかし、それはモデルチェンがあると話が変わり、これまで人気車種やモデルだったものでも買取金額が大幅に下がる傾向にあります。

その買取金額の落差が買取相場価格の変動に影響を与えます。

【2】走行距離

走行距離というのも買取相場価格に影響を与えるもので、走行距離が少ない場合は買取での評価が高くなる傾向にあります。しかし、例え年式やモデルが新しくても走行距離が長ければ評価は低くなり、金額は大きく下がってしまいます。

これは、走行距離が長いとそれだけ車への負担があり色々なところが消耗されていると判断されるためであり、買取金額は下がります。

【3】車の年式

車種やモデルと同様に、新しい年式のほうが評価は高く、買取金額も上がります。車の年式は1年目が最も減額される率が高く、減額されるタイミングは1年目、5年目、10年目といった節目にあたります。

しかし、年式が古くてもプレミアがつくような希少車は話が変わり、新しいモデル以上の買取価格がつくことがあります。

【4】傷やヘコミなど車へのダメージ

車に乗っているとどうしても傷がついたり、場合によってはヘコんでしまったりと、色々な現象が起こります。そういった外装のダメージも減額の対象となり、傷やヘコミの程度や箇所によって評価は変わってきます。

ただし、傷やヘコミがついたからといって修理に出してもプラスの評価になるわけではなく、修理費分の損をしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

エンジン周りの損傷は大きく買取価格が下がりますので、こちらも注意が必要です。

【5】修復歴

修復歴というのは、事故などによって車の屋台骨であるフレームなどが損傷してしまい、それを修理した場合の履歴です。事故を起こしてしまった車はこの修復歴の有無で買取価格は大きく変わり、有りの場合は大幅に減額されます。

これは、屋台骨である車の形状そのものを歪ませてしまったことで、いわくつきの車と判断されるためであり、例え修理しても何かしらのトラブルを抱えていると判断されるためです。

【6】車内についたニオイ

タバコやペット、食べ物のニオイといった内装も買取価格に影響を及ぼすものであり、ニオイが強く残っているものは買取価格が下がります。一度ついてしまったニオイはなかなか除去することができないので、普段からニオイをいかに除去するかという工夫が大切になります。

オプションや改造による要因

車には様々なオプションパーツがあり、そういったオプションパーツについても買取相場価格を変動させる要因となります。また、個人的な趣味で車を改造するのも買取価格相場を変動させます。

【1】車のオプションパーツ

車のオプションパーツは装着しているものによって評価が変わり、基本的には純正品のオプションパーツが評価が高くなります。社外品のオプションパーツも買取業者によって評価が高くなることがありますが、ほとんどはマイナス評価となってしまいます。

また、社外品にオプションパーツを付け替えた場合でも、手元に純正品のオプションパーツがあれば、それを提示することで評価は上がります。

【2】改造車

個人的な趣味で車を改造している場合、そのままではマイナス評価になることが多いので、購入時の状態に戻すことが必要です。ただし、買取業者によっては社外品パーツも評価が高くなりますので、念のため社外品パーツも提示してみると良いでしょう。

トレンドやメーカーによる不祥事などの要因

車業界のトレンドやメーカーが引き起こした不祥事などによっても買取相場価格は変動します。車そのものではない要因ですが、ニュースなどでチェックしておくことは大切です。

【1】その時期の車種のトレンド

季節ごとに様々な車種が販売されますが、世間から求められるニーズにより車種のトレンドというのも常に変化していきます。

例えばですが、少人数向けのコンパクトカーがトレンドとして求められれば買取価格は上がりますし、逆に家族向けのファミリーカーは買取価格が下がります。

買取額はそのときの需要に大きく左右されますので、いま現在はどのようなトレンドにあるかをチェックしておくことは大切です。

【2】メーカーの不祥事、リコール

欠陥が見つかったなどリコールになった場合、そのメーカーの信頼度は大きく下がり、買い手にとっては不安材料となります。また、何かしらの不祥事なども同様に信頼度を下げ、買取価格が大幅に下落します。

メーカー自体の信頼度の影響は強く、リコールされた車に限らず全ての車が対象となりますので売れ行きが伸びず、結果的に買取相場価格が変動します。

環境による要因

車そのものに何かしら問題があるわけではなく、時期や環境によっても買取相場価格というのは変動します。景気や社会の状況などもチェックしておくことが必要と言えます。

【1】世の中の景気

自然なことですが、世の中の景気が悪いと高額なものであればあるほどその商品の需要は伸びません。車は決して安い買い物ではなく資産の一つとなりますが、景気によって需要は変化し、それに伴い買取価格も変動します。

また、車は為替の影響も受けやすいと言われており、円安のときは輸出向けの中古車は買取価格が上がるなど、経済動向をチェックすることも必要です。

【2】季節や時期

社会の動きが変わる季節や時期というのも車の買取相場価格に影響を与えやすく、変動しやすいものです。

例えばですが、社会人になったり転勤がある、引っ越しシーズンなどの2月から3月は軽自動車やコンパクトカーの需要は高まり、ファミリーカーやミニバンなどは連休前に需要が高まる傾向にあります。

こういった季節や時期によっても買取相場価格は変動するので、把握しておくことが大切です。

実際に車買取査定を依頼して比較しよう

匿名での買取相場の確認方法は色々とありますが、どれもが比較的簡単にわかるものであり、それほど時間や手間がかからないものです。買取相場を確認したら実際に車買取査定を依頼し、比較していくことも大切です。

ここでは、実際に車買取査定を依頼する、比較する方法について見ていきましょう。

車買取査定を依頼する方法

車買取査定を依頼する方法には大きく分けて二つあり、一つは買取業者へ依頼するものと、もう一つは一括査定サイトを利用するものです。

まずは車買取業者に査定を依頼する流れとして、

  1. 車買取をしてもらう買取業者を選ぶ
  2. 査定依頼をし、査定をおこなう
  3. 査定額に双方納得すれば売買契約をおこなう
  4. 車両の引き渡しをおこなう
  5. 申請した口座へ入金される

となっています。車買取業者は数多くありますので、中古車情報誌やWEBサイトを参考にしながら納得のいく買取業者を選ぶ必要があります。

買取業者によって対応は様々であり、ときには話が噛み合わないことがあるかもしれません。納得いかない状態で話を進めてしまうと後々トラブルになる可能性がありますので、しっかりと下調べをしておくことが大切です。また、査定額に納得していざ売買契約を結ぶときには、いくつかの必要書類がありますので、印鑑や車検証、車税の納付証明書などあらかじめ用意しておく必要があります。

買取業者によって得意な車、買取りたい車は変わりますので、手間がかかりますが色々な買取業者に査定依頼することが、より高値での買取を実現させます。

次に一括査定サイトを利用する方法ですが、こちらは一度に複数の買取業者に査定依頼をすることができるので、その分手間も時間も省くことができます。また、一括査定サイトの良いところは一括査定サイトに登録している買取業者に依頼内容が共有されますので、そこで競争が生まれ、より高い買取価格が提示されることです。

所有している車の車種や年式、走行距離などを入力するだけで複数の買取業者に依頼できるのであれば、時間がない場合でも手間がかかりません。

一括査定サイトを利用せず、複数の買取業者に査定依頼をするには一件ずつ店舗を回る手間があり、とても大変な作業になります。しかし、一括査定サイトはそのようなことに時間を取られることなく、24時間いつでも依頼することができ、とても便利です。

一つの買取業者の査定で即決してしまうのはリスクとも言えますので、複数の買取業者に査定を依頼し、その中から納得いく買取金額を選ぶことが大切です。

まとめ

車の買取相場を調べるには、買取業者に査定依頼をするのが確実ではありますが、必要のない営業電話やセールスをされるのは正直気持ちの良いものではありません。しかし、買取業者に直接査定依頼をしなくても、買取相場を確認できる方法はありますので、それらをうまく活用することが大切です。

上手に買取相場を調べ、より高額な買取価格になるようすすめていきましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報