車の買い替え時期は走行距離で決まる?目安となる走行距離に注目!

車を所有していると、定期的にメンテナンスが必要になります。何年も乗っている車は修理や部品交換が多くなってきたりして、そろそろ買い替えかな?と考えることもあるかもしれません。車の買い替えは大きな出費になりますので、走行距離などで目安が分かれば予め準備をすることができます。

この記事では、買い替えの目安となる走行距離や、走行距離の他に判断基準になる要素など、買い替えのタイミングについて説明します。

車の買い替え時期を走行距離で決める

車を買い替える時期を決めるのに、走行距離は一定の目安となります。昔から10年10万kmと言われて、新車から10年経ったら、もしくは走行距離が10万kmを超えたら寿命とされてきました。しかし、現在の自動車技術では走行距離が10万km超えてもメンテナンスをしっかりしていればまだまだ十分に走れるのが普通です。

走行距離で決めるメリット

中古車の査定額を左右する要素の一つに、走行距離があります。車の状態や年数なども重要な査定ポイントですが、走行距離は何kmという数字があるので基準としやすいため、顧客も走行距離を見て購入する場合が多いのが現状です。

というわけで、走行距離で買い替えを決めるメリットは、誰が見ても基準としてわかりやすいということです。中古車の査定では、普通車は1年で走行距離1万km、軽自動車の場合は1年で8.000kmを超えている車は多走行の車と判断されて、査定額が低くなります。

また、査定額は走行距離が3万km、5万km、7万km、10万kmあたりで下がる傾向にあり、車の買い替えを考えている場合はこの距離に達する前を売却の目安とすると良いでしょう。

走行距離で決めるデメリット

走行距離だけで乗り換えを決めるデメリットは、まだまだ乗れるのに買い替えをすることでコストがかかってしまうことです。定期的にメンテナンスを行っていれば、走行距離が10万kmを超える車でも十分安全に走ることができます。

そして、年間の走行距離が少ない人は、走行距離を基準に乗り換えを考えると新車で登録してからの年数が多くなってしまうこともあります。走行距離が短くても年式が古い車は査定額も低くなりますので、買い替えの際に下取りや売却額を高くしたい場合には、走行距離だけでなく年式や車の状態などを合わせて考えなくてはいけません。

自動車は適度にエンジンを動かしている方が調子が良い場合が多く、全く利用していない車よりも日常的に運転している方が状態が良いということがあります。ほとんど乗っていなくて走行距離の短い車は、さびなどが出たりエンジンの調子が悪かったりすることもあるので、定期点検やメンテナンスは必要です。

目安となる走行距離

走行距離を基準に車を買い替えようと思った時に、目安となる走行距離があります。

それは、3万km、5万km、7万km、10万kmです。3万kmでは早すぎる感じもしますが、新車でいろんな車に乗りたいという人たちの間では、3万kmは査定額が高額になるひとつの目安とされています。日本人の平均的な走行距離は1年に1万kmですので、ちょうど車検の時期に上記の走行距離になるタイミングで買い替えを考える人が多いです。

寿命は普通自動車と軽自動車で違う

車の寿命は、普通自動車と軽自動車で違います。通常、普通自動車は走行距離が10万km、軽自動車の場合は8万Kmくらい走ると特に足回りにガタが来やすいと言われています。軽自動車は普通自動車と比べると頑丈にはできていないので、普通車の方が寿命は長い傾向にあります。

普通自動車は走行距離10万km、軽自動車が8万kmくらいで買い替えを検討する人が多いのですが、メンテナンスをきちんとしていれば、それ以上に走ることは可能です。

基本は5万kmを基準に

中古車の買い取りの査定額は、走行距離が5万kmというのが、大きく下がるポイントです。たとえば、走行距離が4.5万kmの車と5万kmの車だと、たったの5,000kmしか違いが無いのに数万円から数十万円の違いになることもあります。人気の車種であれば、100万円近くの差が出ることもあるようです。

また、走行距離が5万kmに近づくと、そろそろ部品なども痛んでくる時期です。5万kmを目安にメンテナンスしたい箇所はこのような箇所です。

  • ブレーキパッド
  • タイヤ
  • バッテリー
  • ファンベルト
  • スパークプラグ
  • エアクリーナー

その他にも、ワイパーのゴムやエンジンオイルやブレーキオイルなども5万kmの節目には交換しておきたいところです。

買い替えの際にできるだけ買取額を上げて次の車の資金にしたいということであれば、5万kmをひとつの基準とするのが良いでしょう。

年式との関係

通常の利用頻度であれば、車の走行距離は1年で1万kmというのが査定の時の基準です。1年で3万km、3年で5万kmといった走行距離の車は、多走行とみなされ査定額は低くなります。年間の走行距離が1万kmを基準として多いか少ないかで、査定額は変わってくると言えます。

メンテナンス次第で変わる

多走行の車でも、こまめにメンテナンスをしている車は何の問題もなく走ることができます。

反対に、週末だけショッピングセンターなどに買い物に行くのに使うといった場合や、ほとんど乗らなくてガレージにしまいっぱなしの車などはメンテナンスも車検以外にしていない場合が多く、トラブルが発生する可能性も否定できません。

走行距離が多くても少なくても、日ごろのメンテナンス次第で車の調子は変わってきます。定期的にエンジンを動かすことと、点検などをこまめにすることで車の寿命を伸ばすことはできます。

買取時の判断基準

年式、走行距離は、数字で出るので買取時のわかりやすい判断基準になります。しかし、買取時の査定額は外装の傷やへこみ、足回りの状態など、車全体の状態も合わせて総合的に判断されます。

走行距離とあわせて判断する要素

多くの中古車買取店では、JAAI(日本自動車査定協会)が提示する<中古車査定基準>を参考に査定額を決めています。走行距離と合わせて判断の基準となる要素は、年式・外装の傷やへこみ・塗装の状態・エンジンの状態・事故歴などです。

さらに、次の車検までの残りの年数やメンテナンスにどのくらいの費用がかかるかなども判断基準になります。

車検

初年度の登録から3年間、その後は10年まで2年ごとに車検に出す必要があります。車検には平均で約10万円程度の費用がかかることから、車検の残存期間が長い車の方が買取時の査定額が高くなる傾向があります。

次の車検までの期間がない車だと、買取店で車検に出す費用がかかり、車検までの期間が長ければ、買取店で車検に出す必要がなくなるので、査定額は高くなる場合も。

メンテナンス費

買い取ってからどのくらいメンテナンス費用がかかるかは、大きな判断基準になります。交換したり修理する箇所が無いなど、車の状態が良ければ買取店でのメンテナンス費用は最小限で済みますので、査定額には影響がでます。こまめにメンテナンスをして、問題の無い状態で査定に出せるようにしましょう。

乗り潰した方がいいか

一般的に、下取り・買取価格は3年で走行距離が3万kmの車が一番高くなります。そして、5年で5万kmを境に大幅に値段が下がります。査定額を基準に買い替えをするのなら、5年を目安にするのがおすすめですが、それを超えたら乗り潰した方がいいのでしょうか?

その前に、乗り潰すというのは具体的にはどのようなことでしょうか。車が壊れて動かなくなることが乗り潰したということなのか、それとも10年、10万kmという区切りのことを言うのか、実は乗り潰しに明確な基準はありません。10年を超える車の査定額はほぼ0円になりますので、その時点で乗り潰したと考える人もいます。

しかし、走行距離が10万kmから15万kmがエンジンの寿命だと言われており、その頃になるとエンジンやその他の箇所にもトラブルが出やすくなります。

メンテナンスをしっかりしていればそれ以上の走行も可能ですが、13年を超えた車は重量税などが高くなることもあり、維持費の観点からもそのあたりが乗り潰しの目安になるのではないでしょうか。

乗り潰すメリット

では、車を乗り潰すメリットは何でしょうか。買い替えには車両本体の価格の他にもさまざまな手続きの費用が発生するので、やはりまとまった資金が必要になります。燃費などのことを考えても、費用の面では乗り潰した方が負担が少ないと言えます。

一般的には、新車から5年、走行距離5万kmを超えた車は査定額も低くなりますので、車自体に問題が無ければそのまま乗り潰した方がお得です。

早い時期に買い替えがおすすめ

車を買い替えるか乗り潰すかで迷った場合は、自分の目的によって判断するしかありません。新車をたくさん乗り換えたい、あまり使わないけど必要なので乗り潰すために中古車を購入するなど、人それぞれ車を購入する理由は違います。買い替えをしたい場合は、査定額が下がらない早い時期に買い替えることをおすすめします。

特に、車が好きでいろんな車に新車で乗りたいという人は、最初の車検時期である3年までに買い替えるのがおすすめです。査定額は一番高い時期ですし、車検の費用もかからないので、資金に余裕があれば短いサイクルで買い替えるのが良いでしょう。

まとめ

車の買い替えに目安となる走行距離は、3万km、5万km、10万kmです。査定額は走行距離が3万kmまでが一番高く、5万kmを過ぎると大幅に下がります。10万kmを過ぎるとほとんど査定額はつかなくなるので、5万kmを過ぎて車の状態が良ければそのまま乗り潰してしまった方がお得と言えます。

走行距離は、買い替えのひとつの基準となりますが、最終的には車の年式や状態など全体的なバランスを見て査定額の判断がされます。日ごろからメンテナンスをしっかりしていれば査定額も上がりますし、乗り潰すにしてもトラブルなく安心して運転をすることができます。

走行距離だけでなくその他の要素も考慮して、快適なカーライフを送ることができると良いですね。