車の買取に必要な書類まとめ|買取UPにつながる書類とは?

車を買取に出すときに必要な書類とは何でしょうか。売却を決めたら、買取査定に出す前に用意しておくと良い書類について解説します。絶対に必要というわけではなくても、提出することによって高額買取を狙える書類についても紹介しましょう。

また、現在契約している任意保険の契約を中断するために必要な「買取証明書」についても説明していますので、ぜひ参考になさってください。

愛車を高価買取してもらうために書類の事前準備をしよう

「そろそろ愛車を手放したい」「最新モデルの車に買い替えたい」などという目的から乗っている車を買い取ってもらおうとするとき、さまざまな書類を用意しなければなりません。車の買取・売却手続きが初めての方に知っておいてほしいポイントは、買取を正式にお願いする前に、必要な書類はすべてそろえておいた方が良いということです。

書類が揃わないと、書類不備として手続きが滞ってしまいます。スムーズに車を買い取ってもらい、次の車の購入や保険契約の解除などの手続きに進めるためには書類の事前準備が大切です。

書類の中には、用意するために数日かかるものもあるので手続きを遅らせないために、前もって必要な書類を把握し用意しておきましょう。本記事では、車の買取時に必要となる書類を紹介していますので参考になさってください。

普通自動車の買取に必要な書類

では早速、車の買取に必要な書類を紹介します。車と一言で言っても軽自動車と普通車では買取時に必要な書類が違いますので、まずは普通車の買取で必要な書類を一覧で紹介しましょう。

普通車の買取に必要な書類一覧
  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書

自動車車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券の4つの書類は軽自動車、普通車にかかわりなく共通して必要な書類ですので覚えておきましょう。それぞれの書類について説明します。

自動車検査証

車の買取時に絶対に必要な書類1つ目は自動車検査証です。車を公道では走らせるために十分な安全性が確認されているかどうかを証明してくれる書類ですので重要です。

車検時以外には自動車検査証を見る機会があまりない書類ですが、買取の際には必須ですので紛失しないように管理しましょう。とはいえ、車検証は車内に常時携帯するよう義務付けられているため、紛失することはないに等しいです。

万が一、紛失してしまった場合は後ほど解説する再発行の方法を参考に手続きを行ってください。

自動車納税証明書

自動車税は毎年4月1日の時点で車を所有しているすべての人に課せられる税金です。自動車税を納めている証明書がなければ車を買い取ってもらうことはできないため、必ず用意しましょう。

また、自動車納税証明書を提出することによって車を買い取ってもらった後に、その車を所有していない期間分の自動車税還付が可能になります。

紛失した場合は再発行が可能です。普通車と軽自動車では再発行できる場所が異なるので注意してください。詳しい情報は後ほど再発行についての見出しで取り上げます。

実印

軽自動車の場合は実印ではなく認印でも可能ですが、普通車を買い取ってもらうときには実印が必要です。8㎜の正方形枠を超え、25㎜の正方形枠内に入る実印を用意しましょう。実印は印鑑証明書とセットで必要になるため、新しく用意するとしても前もって市区町村への印鑑登録が必要になります。

印鑑証明書

普通車を買い取ってもらうには、売却時に実印と印鑑証明書をセットで用意しなければなりません。居住している市区町村で印鑑証明書を発行してもらいましょう。すでに登録している印鑑証明書の実印と所有している印鑑が異なる場合には、買取の手続き前に新しく所有している印鑑の登録を行ってください。

印鑑証明書を発行するには登録費用が数百円必要です。登録カードを持っていれば証明書の再発行は簡単にできますが、登録カードを紛失してしまった場合の手続きは複雑ですので、車買取より十分前もって確認するようにしましょう。

自賠責保険証

正式名称「自動車損害賠償責任保険証明書」である自賠責保険証も普通車、軽自動車ともに買取の際には必要な書類です。自動車を所有している人は自賠責保険への加入が義務付けられています。車検証と一緒に保管することが多いため紛失することはほとんどありません。

リサイクル券

自動車を購入するときにリサイクル料を支払います。そのことを証明する書類がリサイクル券です。平成17年以降、車を所有しているすべての人が購入時に支払わなければなりません。

一般的には新車も中古車も、車を廃車にする時のためのリサイクル料を預託金として支払っています。リサイクル券を提出することで次のオーナーが預託金を支払うことができますので必ず用意しましょう。リサイクル券は車検証とともに保管されていることが通常です。

委任状

普通車を買取に出すときには委任状が1枚必要です。車の名義を買取業者に変更する手続きを業者に一任することを証明するために作成します。委任状の書式は決まっておらず、ほとんどの場合は買取業者が準備してくれるので必要事項を記載して実印を押すだけで構いません。

譲渡証明書

譲渡証明書も買取業者が用意してくれる書類ですから、こちらで前もって準備する必要はありません。車の名義変更を行い、所有権が完全に買取業者に移行したことを証明する書類です。

譲渡証明書の様式は国土交通省によって決められています。公式ホームページでダウンロードできるようになっているので、気になる方はチェックしてみてください。

車を買い取ってもらうときには譲渡証明書の必要記載事項に記入し、実印を押して提出します。

普通自動車と軽自動車では必要書類の種類が違う

車を買取に出すときに必要な書類について簡単に紹介してきましたが、普通車と軽自動車では必要な書類が少し違います

軽自動車の買取に必要な書類一覧
  • 自動車検査証
  • 軽自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 認め印
  • リサイクル券
  • 住民票の写し

自動車検査証と自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券の4つは自動車の種類にかかわりなく必ず必要です。普通車では実印×印鑑証明書のセットが必要でしたが、軽自動車の場合は認印で構いません。委任状や譲渡証明書を記入する際に必要です。

印鑑証明書を用意する代わりに、住民票の写しが必要です。現住所を証明するための書類として住民票の写しが必要なので前追って用意しておきましょう。

追加書類が必要になるケース

一般的に、買取で必要な書類については紹介しましたが追加書類が必要なケースがあります。次のような場合には注意してください。

買取時に追加書類が必要なケース
  • 住所が変わった場合
  • 氏名が変わった場合
  • 所有者死亡にともなう買取手続き(相続)

引越しにより住所が変わったり、結婚などで氏名が変わった場合には車を購入した時や最終車検時の情報を確認できるよう追加書類が必要になります。また、車の所有者が死亡したことによる相続手続きでは家族構成や遺言によって必要な書類が違うので注意してください。

では、追加で必要になる2つの書類について解説します。

住民票

車検証に記載されている住所が現住所と違うケースでは住民票の提出が求められます。住民票には現在の住所+前住所が記載されているので、住所が変わっていても車検証上の所有者であることを証明できるのです。

車を購入した後に、複数回引越しをして住所が変わっている場合は住民票の写しだけでなく住民票の附票が必要になるので注意してください。住民票の附票には住民票には記されていない、旧住所の変遷が記録されているので本人確認ができるのです。

住民票の附票発行に必要なもの
  • 交付請求書
  • 返信用封筒・切手
  • 手数料分の少額為替
  • 本人確認書類コピー

住民票の附票は本籍地がある自治体窓口でしか請求できないので注意してください。郵送で発行を求めるためには手元に届くまで時間がかかるので、余裕を持って発行手続きを行いましょう。

追加書類が必要になるケースかどうかを確認するために、買取の手続きを始める前に車検証に書かれている住所が現住所と同じでいるかをチェックしておくと良いでしょう。買取の手続きを初めてから住所が違うと分かると、追加書類を用意するための時間がかかってスムーズに進まなくなってしまいますよ。

戸籍謄本

結婚などにより氏名が変わっており、車検証や自賠責保険などの重要な必要書類に記載されている姓が異なる場合は戸籍謄本の提出が必要です。車の購入後に結婚して氏名が変わった方は愛車を買取に出すまえに確認しましょう。

氏名の変更は住民票に記載されません。ですから、車の所有者であることを証明するためには戸籍謄本を発行するしかないのです。戸籍謄本に記載されている内容は家族全員ではなく自分自身の部分だけでOK。

戸籍謄本の発行に必要なもの
  • 申請用紙
  • 返信用封筒×切手
  • 手数料分の少額為替
  • 本人確認書類
  • 印鑑

戸籍謄本の申込用紙は本籍地がある自治体のホームページからダウンロードできます。

戸籍謄本によって姓の変更が確認できれば、買取の手続きをスムーズに行えます。

必要書類を紛失してしまったらどうする?

自動車検査証や自賠責保険証などの必要書類は基本的に車内に保管することが義務付けられているので、ダッシュボードを確認すればすぐに見つかるでしょう。もし、紛失してしまっている場合は必要書類を再発行して買取の手続きに備えなければなりません。

必要書類の再発行方法についてまとめているので、万が一の場合は参考になさってください。

車検証の再発行

車検証を再発行するためにはナンバー管轄地域の運輸支局で手続きを行ってください。買取業者に代行依頼することも可能です。

再発行手続きの流れ
  1. 手数料納付書と申請書を運輸支局で受け取る
  2. 書類に記入する
  3. 手数料300円を支払う
  4. 窓口に書類を提出する
  5. 車検証の交付
再発行に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 手数料納付書
  • 申請書

自賠責保険証の再発行

自賠責保険証は保険会社または保険代理店に連絡して再発行の手続きを行います。保険会社が分からない時には自動車購入店に聞きましょう。

再発行に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 申請書

自賠責保険証の再発行費用はかかりませんが、再発行までに1週間ほどの期間がかかるので十分余裕を持って手続きを行いましょう。自賠責保険証の再発行手続きは買取業者に代行してもらうことはできません。

リサイクル券の再発行

リサイクル券は再発行できない書類です。しかし、リサイクル料の預託金を支払っていることが証明できればいいので預託金状況をシステムホームページからダウンロードしてプリントアウトすればOK。

自動車納税証明書の再発行

軽自動車の場合は税金を納めた市区町村の役所で再発行手続きを行います。普通車の場合はナンバー登録している陸運支局または都道府県の税事務所で再発行が可能です。

再発行に必要な書類
  • 車検証
  • 印鑑
  • 本人確認書類

自動車税納税証明書の再発行手続きをを買取業者に代行依頼すると数千円の代行手数料がかかるので自分で行った方が良いでしょう。

必要書類の準備は代行してもらえる?

車を買取に出すときには様々な書類が必要となるため、代行サービスを利用して少しでも楽をしたいと考える方もいるでしょう。特に、車の名義を自分から買取業者に移行する名義変更の手続き(移転登録)は代行依頼するという人は少なくありません。

代行してもらえるサービスには次のようなものがあります。

  • 買取に必要な書類・費用を準備する
  • 運輸支局に必要書類を提出する
  • 新しい車検証の交付手続き
  • 自動車税・環境性能割申告書の提出・税の支払い
  • ナンバーの返却・新ナンバーの交付

運輸支局での手続きは平日しか行えないため、自分で手続きを行えないという方は多いです。窓口の受付は8:45~11:45、13:00~16:00となっており、年末年始は受付を行っていません。運輸支局での手続きが必要な部分だけ代行をお願いするという方法もあります。

もちろん、手続きの代行には代行手数料がかかるので少しでも買取価格をアップさせたいと考えている方にはおすすめしません。できるだけ自分で行って、少額でも無駄な出費をカットしましょう。

高価買取につながる書類

車の買取に最低限必要な書類だけではなく、買取価格に影響する書類も用意して高額買取を狙いたいと思われることでしょう。愛車を売却するときに揃えておくと買取額アップにつながるかもしれない書類を3つ紹介します。

整備手帳

整備手帳とは、点検記録簿とも呼ばれています。1年間ごとの点検や車検時に発行されてメンテナンスの記録がされている書類です。整備手帳を提出することによって、買取業者は車にどのような点検を定期的に行われていたのかを容易にチェックできるようになります。

買取業者にとっては、メンテナンスが十分に行われていない車や故障者を買い取ってしまうリスクが下がるので査定額に影響を及ぼす可能性があるのです。

整備手帳は車検証のファイルと一緒に同封されていることが多いので、ダッシュボード内をチェックしてみてください。

ただし、整備手帳に汚損や破損についての記憶がある場合は、提出したがために減額対象になってしまったという場合もあるので注意しましょう。

保証書

車のメーカー保証期間を示す書類も用意しておくと良いでしょう。メーカーによって保証期間は異なりますが、10万㎞の保証がついているケースもあるので売却時にまだ保険期間内である可能性があります。保証される期間内、走行距離内であればメンテナンスを無償で行ってくれたり、消耗パーツを無償で交換してくれます。

保証期間中に車を売却するのであれば、保証書を提出することで車の価値を高めることができます。ですから、保証期間内に保証書を紛失した場合は車を購入したお店で再発行して用意しておきましょう。

取扱説明書

意外と見落としがちな買取査定額に影響を与える書類が取扱説明書です。車のマニュアルですから、紛失していると買取時にマイナスの影響を与える可能性があります。日常的に使う人もいる一方で存在すら知らなかったという人も多いようですので、取扱説明書の場所を確認しておきましょう。

説明書があるということは新オーナーの利便性につながるので、買取業者としては説明書がついている車の方を歓迎してくれます。説明書であれななんでもいいというわけではありません。車を購入した時についてきた書類はすべて綺麗な状態に保管しておくのが一番です。

個人間で車の買取をするケースの必要書類は?

買取業者を使わずに、知人同士で車の売買取引を行うケースもあります。個人間での買取に必要な書類には何があるのでしょうか。気が知れている人との取引の場合でも、トラブルをできるだけ避けるために必要事項を押さえておきましょう。

買取側に必要な書類
  • 車庫証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
売却側に必要な書類
  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 委任状・譲渡証明書
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券
  • 住民票・戸籍謄本等

個人間とはいえ、買取業者を利用するときと必要な書類の内容は変わりません。再発行には1週間近くかかる書類もあるので、すべての書類が用意できるかチェックしておきましょう。

また、買取業者が用意してくれる委任状や譲渡証明書を自分で用意しなければならないので手間がかかります。

個人間で車の買取手続きを行うときには、事前に必要な書類を把握して用意しておくことや必要な費用を把握しておくことが大切です。また、コミュニケーションをしっかりとって契約内容に認識のずれが生じないようにしましょう。

車の買取証明書とは?

車の買取に関係している書類の一つに「買取証明書」というものがあります。車の買取手続きが終了した後に任意保険を中断しようとすると、買取証明書の提出を求められることがあります。

車の買い替えや、短期間で次の車を所有する予定があるなら加入したままで登録内容を変更するだけでよいです。しかし、車を所有しなくなるのであれば任意保険を中断する手続きが必要になります。

車検証の名義が変更されていれば、車検証の確認で対応できますが、名義変更には時間がかかるので保険会社から買取証明書の提出を求められる場合があるのです。買取証明書の代わりに売買契約書で認めてくれるケースもあるので、契約している保険会社に確認してみましょう。

買取証明書の発行は無料です。任意保険を中断したいということを買取業者に伝えれば無料で買取証明書を発行してくれます。

買取証明書の項目
  • 車の所有者氏名
  • 車の使用者氏名
  • 車種名
  • 車の登録番号
  • 車の車台番号

買取証明書は買取されたことを証明する書面で合って、買取の条件などは記載されていません。税金還付や自賠責保険の還付などの手続きに利用できるものではありませんので注意してください。

車買取の手続き方法を確認しよう

車の買取に必要な書類について総集編を紹介しましたが、最後に買取の基本的な流れについておさらいしておきましょう。

必要書類を準備する

売却方法を確認したら、買取に必要な書類をすべてそろえましょう。何度も強調していますが、いざ買取の手続きを進めようとしたら書類が足りないとなってしまわないように、紛失・再発行の手間がかかる可能性も考慮に入れて準備を始めましょう。

買取店舗を選ぶ

書類が準備できたら、できるだけ愛車を高く買取してくれる業者を選びましょう。次のようなポイントを押さえていると賢く、買取業者を選べます。

  • 下取りや査定だけではなく買取を必ずしてくれる業者
  • 買取相場が公開されている業者
  • 販路が多く高価買取の実績がある業者

他の買取業者と競合できる業者がおすすめです。在庫管理をきちんと車を売る手段を多く持っている買取業者は高額買取を狙えます。

査定を依頼する

インターネット上で査定してもらうこともできますが、実際店舗に車を持っていって査定してもらうことが大切です。出張買取ができる業者もあります。査定時に金額交渉を行うこともできますが、事前にできる買取額アップのためのコツは次の通りです。

  • 掃除機で掃除する
  • 小さな傷は目立たないように磨いておく
  • 付属品はすべて用意しておく

買取の手続きを行う

車を査定してもらい、提出された査定額に納得できたら手続きを始めましょう。この時点で必要な書類がすべてそろっていると書類内容の確認と記入、押印だけで済むので非常にスムーズです。

買取の手続きが終わったら入金を待つだけでです。車を完全に渡す前に私物が残っていないか、ナビに登録されている個人情報が残っていないかどうかをチェックしましょう。

買取前に注意しておきたいポイント

愛車を手放す前に注意しておきたい2つのポイントを紹介します。

まず、車を売却する人には事故歴や修復歴を申告する責任があります。査定士はプロですから、もし隠していたとしても事故歴や修復歴は気づかれます。履歴詐称は損害賠償金や契約解除料などにつながるので必ず正直に申告してください。

車を売却した場合に税金や保険料の還付制度はありませんが、買取業者によっては車検費用や税金、保険料を考慮して買取価格に反映させてくれるところもあります。買取業者を選ぶときにチェックしてみましょう。

必要書類を用意して愛車の買取に備えよう

愛車を手放すときに必要な書類を紹介してきました。すぐに用意できるものもあれば、発行するまでに時間がかかったりお金が必要だったりする場合もあります。買取の手続きを始める前に、十分余裕を持って必要な書類を用意しましょう

特に、自動車検査証、自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券の4つは重要な書類ですので忘れないようにしてください。万が一、紛失してしまっている場合はすぐに再発行の手続きを行いましょう。

必要書類を洩れなく用意して、買取・売却の手続きをスムーズに。この記事を最後まで読んでいただけたということは、車の買取に必要な書類の種類や再発行の方法について理解されているということになります。愛車の買取を滞りなく気持ちよくしてもらえればうれしいです。