車を買い替える目安とは?3つのポイントに別けてわかりやすく解説

車を買い替える目安として、色々なことが考えられます。維持費を目安にするのか?走行距離を目安にするのか?人によって車を買い替える目安は違います。今回は、車を買い替える目安にどういうことがあるのかを紹介していきます。

車を買い替える目安となる要素

車を買い替える目安は人によって異なりますが、基本的に考えられる項目を挙げてみましたので紹介します。

走行距離

車を買い替える目安として、まずは走行距離との関係が挙げられます。一般的には、1年1万kmが走行距離の目安となっていますが、皆さんは走行距離がどれくらいになったら車の買い替えを考えますか?筆者も2千台を超える車を販売した経験を持っていますが、走行距離が3万km以内、5万km以内、10万km以内を車の買い替える目安にしている人が多いように思えます。

走行距離が3万km以内の車は、中古車市場では新車のように新しく感じるので、買取り査定価格としても一番高い基準で査定が行われます。走行距離が5万以内kmの車の場合は、中古車として最も脂ののった状態ですし、3万km以内の車と比べて割安感もありますから店頭に並べても販売しやすい走行距離だと言えます。

そこそこの高額査定を狙うには、走行距離が5万km以内がラストチャンスなので、車を買い替える目安にすると良いでしょう。走行距離が10万kmになってしまうと、日本では殆どの車が二束三文で取引が行われています。国産車の性能は世界的に見てもかなり優秀で、本当なら走行距離が10万kmは単なる通過点に過ぎないのですが、日本では買取り価格が低いのが現状です。

走行距離が9万kmだと10万円なのに、走行距離が10万kmを超えてしまうと1万円~3万円になってしまうケースが殆どです。このように、走行距離10万kmを車の買い替えの目安に日本の自動車業界全体が基準としているような状態なので、車を買い替える目安になっています。

車の寿命

車の寿命とは、決まった定義もありませんし、使用している人が寿命だと思ったときなので、判断が難しいかもしれません。乗っている車に飽きてもその人にとっては寿命ですし、走行距離が10万kmだからもう寿命だと感じる人もいるでしょう。

車の寿命は、昔と違って部品の強度や自動車自体の品質の向上で、メンテナンスさえ怠らなければ、20年以上は使用することができると言われています。一般的な感覚で言いますと、税金が高くなる新車から13年目までが寿命と考えるのが良いかもしれません。

自動車の走行性能や安全性能は飛躍的にあがっていますし、モデルチェンジが行われる度に、燃費性能もどんどん向上しています。新車から13年も経つと、燃費も悪くなりますし、日々のメンテナンスにも手が掛かって維持費の面でも負担が大きくなります。

何よりも新車から13年経過すると、税金が高くなってしまうので、乗り続けることが困難になってきます。そう考えると、車の寿命を決めるのであれば、新車から13年間と考えるのが妥当で、どんなに長く乗り続けても新車から12年~13年を車の買い替える目安にすると良いでしょう。

査定価格

車を買い替える目安として、乗っている車の買取り査定価格も重要となります。特に所有している車のモデルチェンジが行われてしまうと、中古車としての査定価格がガクンと下がってしまう傾向にあります。

ディーラーの下取り参考価格シミュレーションを使うことで、自分の乗っている車の査定価格を簡単に把握することができるので上手く活用するのも良い方法です。モデルチェンジ情報と愛車の査定価格を把握することも、車を買い替える1つの目安となる要素だと言えます。

走行距離を目安に車を買い替える

走行距離を1つの目安として、車を買い替える場合の具体的な走行距離を考えてみます。

10万kmは目安になるか

走行距離が10万kmに近くなってきたときに、何故か車がもう廃車になるような言い方をする人がいます。走行距離が10万kmになったからと言って壊れた訳ではないのですが、走行距離が10万kmくらいになると、買い替えを意識し始める人が殆どではないでしょうか。

例えば、トヨタの場合だと消耗品以外の全ての部品が対象となる一般保証で、新車から3年間又は6万kmとされています。エンジンや乗員保護装置など、走行や安全に関わる重要な部品が対象となる特別保証でも、新車から5年間または10万kmとなっています。

こうしてみると、メーカーも重要な部品を対象とした特別保証で走行距離は10万kmとしていますから、10万kmではまず壊れないと予測していることがわかります。逆に考えてみますと走行距離が10万kmを超えてしまうと、いつ車が壊れても不思議ではないとも捉えることができます。

また、走行距離が11万kmと走行距離が9万kmとでは、お店で中古車を買うときの購買意識も変わってきます。その心理で、車を売るときに買取専門業者から「さすがに11万kmの車なので1万円です」と言われたら「1万円で買い取ってくれるなら」と思ってしまうかもしれません。このように車を買い替える目安として、走行距離10万kmというのは大きな目安となっていることがわかります。

5万kmを超えると査定に関わる

kiro 中古車の買取り査定価格の1つの目安となっているのは、走行距離が5万kmです。メーカーの新車の一般保証が5万kmや6万kmと定めている通り、5万kmを超えると一般的な部品も交換する時期に近いとされています。

5万kmを超える車だと整備費用も掛かってくるので、車を買い替えるなら整備費用がそれほど掛かっていない状態のうちに買取りに出すことが理想です。中古車を買う立場になってみると、店頭に4万kmの車と6万kmの車で価格も10万円しか変わらなかったらどうでしょう?

多くの人は、10万円安い6万kmの車を買うかどうかで悩むのではなく、4万kmの車を買うかどうかで悩むと思います。走行距離が5万km以内だと何故か走行距離が少なく感じますし、走行距離が5万kmを超えると多く感じてしまうからです。車を売る側からしても、走行距離が5万km以内だと販売しやすいですし、走行距離が5万kmを超えていると販売しにくい現実があります。

買取専門業者も、「走行距離が5万km越えていなかったら50万円で買い取れましたが、6万kmに近いので小売りしにくいため30万円なら買い取らせて頂きますがどうしますか?」などと、買い叩きやすいのが5万kmを超えた車です。走行距離が5万km以内ですと、高額査定も期待できるので車を買い替える場合は、次の車の負担をできるだけ減らすこともできます。

車の寿命を目安に車を買い替える

車の寿命は維持費やメンテナンス費用を考えなければ、いくらでも延ばすことができます。車の寿命を決めるのは、使っている人の気持ち次第の部分が大半を占めています。

寿命は約13年

一般社団法人日本自動車工業会の統計によると、車の平均使用年数は12年~13年と出ています。このデータをさかのぼって見てみますと、40年ほどの間で6年ほど使用年数が伸びていることになります。それだけ車の性能が上がったことと、使用している部品1つ1つの品質が向上していることが要因と考えられます。

また、日本では新車から13年経つと、自動車税や自動車重量税が上がる仕組みになっているのも、使用年数が13年になっていること関係があると考えられています。新車から13年も経過した車だと、メンテナンスにもかなり費用が掛かるでしょうし、税金類も値上がりすることを考えると十分、車を買い替える目安になります。

一般社団法人日本自動車工業会:http://www.jama.or.jp/industry/four_wheeled/index.html

維持できれば20年持つことも

メンテナンス費用や税金類の値上げを考えなければ、現在の国産車なら20年くらいは十分に使用することは可能です。日本には車検制度があって、高い工賃を支払いながらメンテナンスを行いつつ愛車を維持をしていかなければいけませんが、海外では車に対する考え方が全く違っています。

海外での車に対する考え方は、車は壊れるものとして接しているので、故障した箇所を自分で修理しながら20年以上乗り続けるのが一般的になっています。

日本の場合は、車は壊れなくて当たり前で、壊れると「最近、修理ばかりだから、もう寿命かな?」とすぐに買い替えることを考えてしまいます。国産車は壊れにくく、部品の供給もしっかりしているので、海外と同じ考え方を持つようになれば、20年以上は十分に使用することができます。

維持費が上がれば寿命と判断も

新車から13年経過すると税金などが上がるため、維持費の面で寿命と判断する人もいるかもしれません。維持費と言うことでは、故障や修理によるメンテナンス費用も含まれてきます。

消耗品の交換や日頃のメンテナンスならともかく、エアコンが壊れたり、ラジエターが壊れたりすると数万円は修理代に掛かりますし、エンジン内部の故障ともなると数十万円修理に掛かる場合があります。大きな故障が起こった場合は、今後も他の箇所が壊れる可能性もあるため、車の寿命の判断として考えても良いかもしれません。

査定価格を目安に車を買い替える

車の買い替えをしようと思ったときは、今乗っている車がいくらで売れるのかが気になるはずです。ハッキリとした価格でなくても、だいたいの価格が分かれば車を買い替えることも前向きに考えられるはずです。車の査定価格を調べる方法を少し紹介しますので、参考にして下さい。

査定相場の調べ方

インターネットで、「あなたの愛車の価格を教えます」というサイトを目にしたことがあると思いますが、サイトに登録を行わないと利用できません。サイトに登録しても、現車を確認しないと査定価格を教えてもらえないことが殆どです。個人情報を登録しないで気軽に調べる方法もあるのですが、車を実際に見て査定を行う訳ではないので、本当に大雑把な価格しかわかりません。

個人情報登録が不要で利用できるので、下取り車の相場を把握する1つの手段として参考にしてみて下さい。

上記のサイトは、個人情報の入力は不要で、乗っている車の【年式】【車種】【グレード】だけを入力することで、瞬時に下取り参考価格が表示されます。下取り車の相場を把握する1つの手段として走行距離や修復歴の有無、ボディーカラーや装備品などの入力もないので、参考程度に利用することをおすすめします。

高額なら替える目安

査定価格を調べて高額査定が期待できるようなら、車の買い替えを前向きに考えても良いかもしれません。下取り参考価格サイトで表示される価格は、最低価格が多いのでそこで納得のいく価格が表示されるようなら車を買い替える目安としても良いでしょう。

車の買い替えに前向きになったら、インターネットの買取一括査定に個人情報を登録してしっかりとした査定価格を調べるようにして下さい。一括査定サイトなら複数業者による査定になるため、ディーラーの下取り参考価格シミュレーションよりはかなりの高額査定が期待できます。

おすすめの買い替え目安

車を買い替えるなら、自分の意志で買い替えるのが一番良い方法です。

ライフイベントに合わせる

家族ができたり、熱中できる趣味ができたりとライフイベントに合わせて、車を買い替えるのは良い方法です。それまでは、セダンと軽自動車しか所有していなかったけど、子供が生まれたからセダンを下取りや買取りに出してワンボックスに買い替えるなど、生活環境の変化が車を買い替える目安となることもあります。

欲しい車ができたらすぐ

もう1つのおすすめの車の買い替えの目安は、欲しい車の発売決定です。欲しい車が出たらそれが一番の買い替えるタイミングなので、今乗っている車の査定価格が下がらないうちに早めに動くことをおすすめします。

まとめ

車の買い替える目安について紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?買い替える目安として様々な情報をお伝えしてきましたが、最終的には乗っている人の尺度の問題になります。【走行距離】【経過年数】【寿命】【生活環境】が、車を買い替える大きな目安として考えられます。

今、乗っている車も次に買う車の資金に充当できますので、少しでも高く査定されるように日頃からのメンテナンスも大切ですし、車を綺麗に保つことも重要です。車を買い替えるときがいつ来ても良いように、乗っている車を大切に扱うようにして下さい。