名車シトロエン・DSオートモビルの気になる買取相場に迫る!

フランスの老舗自動車メーカーとして名を馳せるシトロエンから独立したDSオートモービルズ。大衆車として知られるシトロエンとは異なり、高級ブランドとして誕生したことでも知られています。

また、2017年のマクロン大統領就任パレードにおいて、専用車としても使用されるなど、高級車としての知名度も高い車です。そんなDSオートモービルスの国内での買取情報を紹介します。

高級ブランドDSのもつ特徴

DSと聞いても輸入車の好きな人以外は、あまりピンっとこないかもしれませんが、シトロエンと聞けばフランスを代表する老舗自動車メーカーなので、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

そのシトロエンの中にシトロエンDS3、シトロエンDS4、シトロエンDS5などの車種設定があったのですが、そのDSシリーズのDSを独立させて新しい自動車ブランドを誕生させたのがDSオートモビルズです。

まだDSオートモビルズが誕生してから3年ほどしか経っていないので、世界的にもまだまだ自動車メーカーとしては浸透していませんが、シトロエンの持つネットワークをフルに使って近い将来、フランスを代表する高級車ブランドになるはずです。

大手欧州メーカーの殆どは、環境面に配慮しつつもビッグパワーいわゆるスーパーカーを開発しながら世界的な知名度を確立させています。

しかしDSオートモビルズはビッグパワーに拘らず、ファッションの聖地フランスらしく美を大切に最高の素材と最高の技術でラグジュアリーに徹した車作りをする自動車メーカーです。

最新DS7から見るこだわり

DS7のパーツは全て独自開発で、最高の素材を最高の職人の手によって作り上げたDSオートモビルズを代表する高級車で、エクステリアやインテリアを見ればその拘りがわかります。

DS7インテリア

DS7が最も拘ったのがインテリアで、その拘りは時計ひとつをとっても、フランス高級腕時計メーカーのベルナール・リシャール・マニュファクチュールとコラボした高級時計が、エンジンスタートボタンを押すとダッシュボード中央上部に180度回転ながら現れてきます。

内装は、職人工芸品のようなウッドパネルや細かな堀り模様の入ったメタルパーツなど職人が最高の素材を使って仕上げた高級感のある上質なインテリアは、テーマごとに専用のエンブレムが外装・内装共に装着されます。

またシートのデザインも斬新で、腕時計のベルトをモチーフにしたオートクチュール刺繡・パールトップステッチがシートに施され、思わず見惚れてしまうほどの美しいシートデザインになっています。

その他でも、フランス高級オーディオメーカーのフォーマルエレクトラ製のスピーカーが装備されていたり、オールレザーステアリングだったりとインテリア全体に最高級ブランド素材が使用されています。

DS7エクステリア

一見パッと見た感じだと普通のハイグレードなSUV車にしか見えないDS7ですが、近くで良く見るとヘッドライトがフルLED化されていますし、形状が特殊な事に気付きます。

まるで宝石のようにカットされたデザインが施されたLEDライトが6個埋め込まれていて、DS7の走行状態によって投射方向を自由に変えるアクティブLEDビジョンも採用さてれいますし、LEDライトを点灯、消灯した時に輝きながら時間差で180度回転する機能まで搭載されています。

また、リアテールレンズも独創的な斜め格子模様でLEDが42個も配列され、ファッション最先端のフランスらしい芸術性のあるエクステリアデザインになっています。

日本でのDSオートモビルズは知名度こそ低いのですが、日本人は高級ブランドに弱く、他人と同じ物を持ちたくない見栄っ張りな人種なので、これから街中でDS7を見る事が増えてくるでしょう。

DSオートモビルズの主な車種と相場

国内のDSオートモビルズの中古車は、台数が少ない上にタイプとグレードによって相場の幅も非常に大きいので、相場を調べるにあたってDS3、DS4、DS5の3車種に絞って相場を調べてみました。

DS3 シック

  • 2015年2月~2015年11月:¥ 500,000-~ ¥ 700,000-(車両価格:¥2,601,000-)
  • 2015年11月~2016年5月:¥ 900,000-~¥1,200,000-(車両価格:¥2,590,000-)
  • 2016年 6月~   現在:¥1,100,000-~¥1,900,000-(車両価格:¥2,590,000-)

DS3 スポーツシック

  • 2015年2月~2015年11月:¥ 800,000-~¥1,050,000-(車両価格:¥2,996,000-)
  • 2015年11月~2016年5月:¥1,100,000-~¥1,400,000-(車両価格:¥2,996,000-)
  • 2016年 6月~現在   :¥1,300,000-~¥2,100,000-(車両価格:¥2,990,000-)

DS4 シック

  • 2015年 2月~2015年6月:¥ 600,000-~¥ 900,000-(車両価格:¥3,376,000-)
  • 2015年 6月~2016年4月:¥ 900,000-~¥1,300,000-(車両価格:¥3,200,000-)
  • 2016年 4月~現在 :¥1,200,000-~¥2,000,000-(車両価格:¥2,930,000-)

DS4 スポーツシック

  • 2015年 2月~2015年6月:¥1,100,000-~¥1,300,000-(車両価格:¥3,764,000-)

DS5 シック

  • 2015年2~2016年3月 :国内データ無し      (車両価格:¥4,386,000-)
  • 2016年4月~現在   :¥2,200,000-~¥2,400,000-(車両価格:¥4,090,000-)

車種と相場/比較結果

3ドアコンパクトハッチバックモデルのDS3と、クーペとSUVの中間のようなモデルのDS4と、SUVとステーションワゴンを融合させた雰囲気で、DSシリーズのフラッグシップモデルにあたるDS5の国内での中古車市場を参考に買取相場を比較してみました。

DSシリーズの中では、国内で台数的にも一番流通しているのがDS3ですが、DS3とDS4のシックに限っては流通相場に大きな差がありませんが、上級車のDS5は流通相場も高いのがわかります。

フランス車に限らず輸入車の相場が日本では値落ち率が国産車と比べても激しく、買取相場や中古車市場でも苦戦が続いている状況で、高級志向のDSと言えども買取相場は当面の間、厳しい状況は変わる事はないでしょう。

オススメの売却方法

DSオートモビルズの車を国内で売却する方法としては、輸入車専門業者に持ち込む事が一番オススメ出来る方法なのですが、どうしても直接持ち込めない場合は、買取一括査定や輸入車専門業者が行っている無料出張査定を利用する方法もあります。

専門店に持ち込む

国産車と比べて輸入車は、全体的に新車価格からの値落ち率が非常に大きいので、新車の時に大金を支払って購入しても、5年後に売却する時には、新車価格の半値以下と言う事が業界的には普通です。

なぜ輸入車がそこまで値落ちするのかと言いますと、輸入車は国産車と比べて良く壊れるので、販売後のクレームやメンテナンスに掛かる費用が国産車よりも多く必要で、輸入車を販売する業者は販売する時にあらかじめ利益を多めにとるような価格設定にしています。

輸入車の買取相場が安いのに、販売価格している価格が高く感じるのは、そう言う理由があるからです。

その為、輸入車であるDSを売却する時は、輸入車専門店だと業者オートオークション以外にも輸入車を販売する独自のルートを持っています。

国産車と違って修理を行うのも特殊で専用工具が必要だったり、特殊な作業が求められたりと輸入車の知識が豊富な輸入車専門店なら売却の相談も安心して行えますから、高く売却したい場合は、輸入車専門店で売却する事をオススメします。

一括査定は得か

一括査定の魅力は、場所を考えずにいつでも査定依頼が出来る事と、複数店舗にわざわざ足を運ばずに多くの買取店舗と比較をして一番高い査定金額を知る事が出来るので、忙しい人にはとても便利なシステムです。

一括査定は、簡単な入力作業だけで複数の買取店舗と買取相場の競争をしてくれるので、何もしなくても高額査定になりやすいのも一括査定の良い所です。

ですが、申し込み後に営業の電話が掛かってくる可能性も高く、売る気が無いのに買取価格だけを知りたいと言う人には不向きかもしれません。

一括査定を利用する時は、業者からの電話が多く掛かってきますから、愛車を真剣に売却する人だけ利用するようにして下さい。

【2019年最新】車の買取・査定サービスの人気ランキング

DSを買い取っているオススメ業者

DSは、輸入車の中でも取扱っている業者も少なく、レア度の高い車種になるので、輸入車専門に扱っている業者を探す事がDSを売却する上では大切になってきます。

そこで輸入車買取実績で優秀な業者である、外車王をオススメします。外車王は、外車の買取価格納得度No.1、また利用したい外車買取サービスNo.1、友人に紹介したい外車サービスNo.1に選ばれる程の優良店で、輸入車を専門に18年以上の実績もありますし、輸入車買取実績5000件以上の輸入車のプロです。

メンテナンスの必要性

DSはフランス車で、良く壊れるイメージですが、フランス車に限らず輸入車の殆どが良く壊れます。

と言うのも、日本の気候と海外の気候は全く違うので、輸入車にとっては湿気が最大の敵になり、電装系やエアコンの不具合が起こったり、通勤などでの渋滞が原因でオーバーヒートやミッション系の不具合も頻繁に起きてしまいます。

結局、修理を行っても部品自体が湿気や渋滞などの対策がされていない為、修理をしてもまた壊れるので修理代の負担が大きく、いつ故障するのか不安でドライブに行く事も怖くなってしまうので、輸入車に対するイメージが日本ではあまり良くありません。

最近の輸入車は、日本の部品を使用している海外自動車メーカーも存在しますし、ディーラー車の場合は日本に合うように対策された部品もありますから、故障に関しては昔ほど気にしなくても大丈夫ですが、それでも国産車と比べると壊れやすいのは事実です。

DSを購入した場合は、購入店で定期的に整備を行うのはもちろんですが、オイル類の点検・交換や自分で出来る簡単な日常点検を日頃から行う癖をつけて、故障を未然に防ぐしか方法がありません。

まとめ

DSの国内の買取について紹介してきましたが、国産車と違って買取相場は驚くほど評価が低くビックリした人も多いのではないでしょうか?DSを高く売却するには、輸入車に対しての知識の豊富なスタッフが常駐している輸入車専門店へ直接持ち込む事が大切です。

DSオートモビルズは、日本での知名度が低いのですが、これから日本でのシェアも右肩上がりに増えてくるであろう自動車メーカーです。

今回、紹介したDSを高く売るための売却方法を参考に、高額買取にチャレンジして下さい。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報