レクサスLSで高く売れるグレードとは?最新相場情報も【高額買取のために】

<LS>はレクサスが販売する大型セダン。レクサスのセダンの中でも最高峰に位置するフラッグシップモデルです。

今回は「LSをより高額買取してもらうポイント」と「最新の買取相場の情報」を紹介します。

独特の世界観を持つレクサスLS

レクサスLSは、日本ではなく北米を皮切りに販売が開始されました。この理由となるのは、レクサスブランドの導入時期が異なることです。北米でレクサスブランドが導入されたのは1989年であり、日本では2005年に導入が開始されています。それまでの間、レクサスLSは日本でセルシオとして販売されていました。

北米で初代LSとなったセルシオは圧倒的な静寂性と乗り心地から、世界の自動車メーカーからの注目を集めた1台です。セルシオに採用されていたエアサスペンションは、その後、各メーカーの高級車に採用されるほどの人気を巻き起こしました。そんなセルシオの独創的な世界観をそのままに、2006年に搭乗したのが国内では初代となるレクサスLSです。

初代レクサスLS

2006年にデビューしたレクサスLS460は、V8 4.6Lエンジン車のみの展開です。8速ATや歩行者検知と操舵回避支援によって作動する自動ブレーキなどを世界で初めて搭載した1台として大きな注目を集めました。2007年には、ハイブリッド車であるLS600hの販売を開始し、さらなる静寂性を追求しています。

LS600hは、ボディを120mm延長し、後席スペースを広げたロングモデルも登場したことから、快適さを最優先するユーザーの高い評価を得ました。また4WDのみの設定というのも特徴の一つで、その他にもV8 5.0Lという排気量でありながら11.6km/Lと低燃費なのです。

さらに、エンジンとモーターによる力強い加速で純粋に走りを楽しみたいユーザーの心を掴んでいます。2012年にはマイナーチェンジが行われ、スピンドルグリルの採用によって、レクサスらしさを高めた1台となっています。

2代目新型レクサスLS

2017年10月に登場した国内2代目のレクサスLSは、初代から約11年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。LS500/LS500hと名付けられた2代目には、新生代のGA-Lプラットフォームが採用され、パワーユニットがダウンサイジングされています。これらによって運動性能を向上させ、環境性能を高めながら走行性能を飛躍的に進歩させることに成功しました。

外観も一新され、クーペ調のルーフラインを採用することでラグジュアリーな1台としての魅力を高めています。インテリアにもこだわり、和のテイストが加えられたのも特徴です。

切子職人との共同開発によるドアトリムオーナメントは、息をのむ美しさであるといえるでしょう。日本車としての息遣いを感じさせる1台となったLSは、国内外からの高い人気を集めています。

旧型と新型のスペックを比較

新型レクサスのLS500の全長は5,235mm、全幅 1,900mm、全高は1,450~1,460mmです。2WDでは10.2km/L、4WDで9.5~9.8km/Lという燃費を実現しています。

ハイブリッド車のLS500hは5,235mm、全幅 1,900mm、全高は1,450~1,460mmとLS500と同じ大きさです。ただ、燃費のよさが魅力で、2WDで15.6~16.6km/L、ADWでは14.4km/Lを可能にしました。

旧型のLS460は全長5,090~5,210mm、全幅1,875mm、全高は1,465~1,475です。燃費は7.7~8.4Lkm/Lとグレードによって異なります。LS600hは、LS460と同サイズでありながらもハイブリッド仕様のため、12.26km/Lという燃費が魅力でしょう。

LSの買取価格例

LSの最新の買取事例をご紹介します。

  • 2017年式 (平成29年)<LS 500h バージョンL>4WD 黒系
    走行距離 2.4万km 新車販売価格 1,500万円 参考買取価格 834万円 残価率55%
  • 2015年式 (平成27年)<LS 460 Fスポーツ> 白系
    走行距離 5万km 新車販売価格 1,015万円 参考買取価格 349万円 残価率34%
  • 2013年式 (平成25年)<LS 460 バージョンC Iパッケージ> 黒系
    走行距離 8.5万km 新車販売価格 895万円 参考買取価格 192万円 残価率21%

その車種の人気グレードと残価率

レクサスLSで人気があるのは新型LSです。ガソリン車、ハイブリッド車にかかわらず、ノーマルグレードからI package、EXECUTIVE、version L、F SPORTといった5つのグレードがあります。ガソリン車ではF SPORT、I package、EXECUTIVEが選ばれています。

ハイブリッドのLS500hでは、I package、EXECUTIVE、version Lが人気だといえるでしょう。

レクサスLSの残価率はおよそ50%であり、高級セダンの中では高い残価率がみられます。ただ、年式や走行距離によって大幅に下落する可能性もあり、売却のタイミングによっては高値がつきにくいこともあるでしょう。また、4WDと比べると2WDの残価率が高いのが特徴です。2WDは燃費と維持費が安いことから、安定した人気を得ています。

より高額に買い取ってもらうポイント

レクサスLSの査定額をあげるには2つのポイントをおさえることが大切です。ここからは、高値がつきやすい2つのポイントを紹介していきましょう。

人気のカラーなら高値がつきやすい

新型となるLS500/LS500hには、全部で13色のボディカラーが用意されています。そのなかでも、ソニッククォーツは一番人気です。また、傷に強いグラファイトブラックガラスフレークも人気がありますので、高値がつきやすいといえるでしょう。

スポーティもモデルのF SPORT専用カラーとなるホワイトノーヴァガラスフレークも、高い評価を得ています。これらの3色であれば買取でも高く評価され、高値での売却が可能です。

人気のオプションもチェック

レクサスLSは海外でも人気がありますので、買取後には海外で販売されることも多い車です。海外では、ムーンルーフの付いている車は価値が高く、サンルーフ非装備車は輸出需要から外れてしまうことも多くみられます。そのため、メーカーオプションであるムーンルーフがついていると査定アップにつながるでしょう。

また、日本らしい和のテイストが楽しめるドアトリムオーナメントパネルも海外では人気です。インテリアの高級感が大幅に向上しますので、ドアトリムオーナメントパネルも高値がつきやすいオプションのひとつだといえるでしょう。

レクサスLSは10年落ちでも値段がつく?

レクサスは、その高い品質から中古車市場に大きな影響を与えた車だといわれています。かつて、セダンであれば、走行距離が10万キロをこえると査定価格がつかないことが多くみられました。また、限りなくゼロに近い価格での取引が行われることもあります。

しかし、レクサスは10年落ちや走行距離が10万キロをこえている場合でも高値で取引が可能です。

理由としては、レクサスLSは10年落ちでも新車時のパフォーマンスをキープしている車が多いため。また、その高級感からVIPの送迎者として選ばれやすく、走行距離が10万キロを越えていてもしっかりとメンテナンスをしていることが多いので変わらぬ安全性とパフォーマンスが期待できます。こういったレクサスユーザーへの信頼性の高さから、中古車としても高く評価されているのです。

ラグジュアリーセダンLSの1年の維持費明細を紹介!購入費の試算も

まとめ

レクサスLSには新型と旧型があり、なかでも新型は特に人気なので高値がつきやすい傾向にあるでしょう。さらに、人気のカラーやガソリン車はであれば高額査定が期待できます。

その他にも海外への転売も考慮すると、ムーンルーフのオプションは必須であるといえます。レクサスLSの買取では、タイミングも重要なので人気モデルの売却を考えているのであれば、早めに査定を依頼することをおすすめします。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報