【最新版】NX買取で高額査定が出るグレードはこれ!相場情報も紹介

<NX>はレクサスが販売するミドルサイズSUV。スタイリッシュなエクステリアと高級感のある内装を持つレクサスらしいSUVです。

今回は「NXをより高額に買取してもらうポイント」と「最新の買取相場の情報」を紹介します。

レクサスNXの特徴

高級クロスオーバーSUVのパイオニアであり、このジャンルにおいて北米を中心にブームを巻き起こしたレクサスRX。日本でトヨタハリヤーとして販売されていたRXは、レクサスが日本に展開された後の2014年に、レクサスNXとしてデビューを果たします。

3代目ハリアーのレクサス版ともいえるNXは、トヨタバッジがレクサスに変わっただけでなく、デザインやボディパネルの組み立て制度などもレクサス仕様に変更されました。

レクサスNXの魅力

レクサスNXのフロントマスクには、ハリアーらしさを残した3連LEDヘッドランプが採用されています。ただ、ヘッドライト下にLEDコーナリングランプを装備したことで、レクサスらしさが高められました。

フロントグリルにもレクサスのシンボルともいえるスピンドルグリルが採用され、リアデザインも鋭い形状に変更されています。これらによって、レクサスブランドを強調するデザインとなりました。

また、サイドウィンドウの形状はハリヤーのデザインを残したものの、前後のフェンダーにボリューム感を持たせた幅広に変更されています。さらに、ボディパネルのチリも狭くなり、レクサス基準の組み立て精度を感じさせるデザインが特徴です。

塗装に関しても上質なカラーが採用され、レクサスらしいハイクオリティな車に仕上げられています。

マイナーチェンジで高められた安全性能

初代のNXには電気式のパーキングブレーキやメーカーオプションの全速度域対応クルーズコントロールなどが採用され、ハリアーとの安全性能にも違いが見られていました。

その後、ハリアーがマイナーチェンジし、「Toyota Safety Sense P」を標準装備したことで、ハリアーの安全性能がNXを上回ります。

そこで、NXは2017年の秋にマイナーチェンジを行い、「Lexus Safety System +」を標準装備に変更しました。このマイナーチェンジにより、NXの安全性能はより高いものとなったのです。

基本スペック

  • 全長×全幅×全高(mm):4630×1845×1645
  • ホイールベース(mm):2660
  • 車両重量(kg):1740
  • エンジン仕様・型式:8AR-FTS 直列4気筒DOHC 16バルブ ICターボ
  • 総排気量(cc):1998
  • 最高出力:238ps/4800~5600rpm
  • 最大トルク:35.7kgm/1650~4000rpm
  • トランスミッション:6AT
  • 駆動方式:FF

NXの買取価格例


NXの最新の買取事例をご紹介します。

2017年式 (平成29年)<NX 300h>FF 白系
走行距離 1.7万km 新車販売価格 504万円 参考買取価格 307万円 残価率60%

2015年式 (平成27年)<NX 200t Iパッケージ>FF 白系
走行距離 2.5万km 新車販売価格 442万円 参考買取価格 284万円 残価率64%

2014年式 (平成26年)<NX 300h バージョンL>4WD 黒系
走行距離 4.3万km 新車販売価格 582万円 参考買取価格 270万円 残価率46%

レクサスに乗るとかかる維持費を教えます!SUVは費用も高い?

NXの人気グレードと残価率

買取に出す際には、残価率もしっかりとチェックしておきましょう。レクサスNXの残価率は、3年の残価でおよそ60%という驚きの数値をもっています。そのため、中古車市場では価格がつきやすい車として知られているのです。

この理由となるのが、レクサスのメンテナンスの充実度でしょう。レクサスは、定期点検やエンジンオイルの交換費用が車両本体価格に含まれています。何度エンジンオイルの交換回数は無制限であり、初回車検までの定期点検も無料で行っているのです。

イニシャルコストを抑えられるため、しっかりとメンテナンスを行うユーザーが多く、中古車市場では安心感のある車として扱われています。

さらに、NXが人気のSUV車であることも理由のひとつでしょう。レクサスのSUVに乗ってみたいと考えるユーザーが多いことで、残価率を引き上げています。

ただし、ベースグレードではそれほどの残価率は期待できません。NXの残価率を上げるためには、ハイクラスのグレードを選んでおくことも大切です。

NXの人気グレードは?

NXには、2種類のパワーユニットがあり、2.0リットル直噴ターボエンジンを搭載するモデルと、2.5リットルエンジンのハイブリッドシステムを採用したモデルがあります。

これらにはそれぞれ4つのグレードが用意されているのが特徴です。「ベースグレード」「I package」「version L」「F SPORT」から構成されるNXのなかで、売れ筋のグレードはversion Lといえるでしょう。

最高級グレードとなるversion Lには、本革シートが採用され、パワーバックドアなどのユーティリティが充実しています。さらに、残価率が高いのはF SPORTであり、独自のチューニングが施されるサスペンションが魅力です。

F SPORTであれば買取価格がつきやすいといえるでしょう。また、version Lも買取価格が期待できます。

より高額に買い取ってもらうポイント

レクサスNXで少しでも高額査定を実現するためには、人気のカラーやオプションがつけられていることが重要です。

人気はホワイト

レクサスNXには、全部で12色が用意されています。このうち、ホワイトノーヴァガラスフレークとヒートブルーコントラストレイヤリングは特別色であり、F SPORTのみで選べるカラーです。

なかでも、ヒートブルーコントラストレイヤリングは高額なオプションで選択できるカラーであることから、希少価値が高く、買取価格にも期待できます。

ただ、買取市場において人気が高いのは定番のホワイトです。レクサスNXのF SPORTにはメッシュの黒いスピンドルグリルが採用されていますので、ボディカラーに白を選ぶと黒いスピンドルグリルに非常に映えます。

そういった理由から白を選ぶ人が多くみられます。
ただ、NXには2種類の白があるのが特徴で、F SPORTの専用カラーであるホワイトノーヴァガラスフレークと、その他のグレードで選べるソニッククォーツが用意されています。

ホワイトノーヴァガラスフレークは真っ白なのに対し、ソニッククォーツはパールがかったホワイトです。どちらであっても、白は非常に人気ですので、高値がつきやすくなります。

スタンダードな黒も人気

白の次に人気があるのが黒です。NXは黒にも2種類があり、漆黒のブラックと、メタリックなグラファイトブラックガラスフレークが用意されています。

グラファイトブラックガラスフレークは傷が目立ちにくいことから黒の中でも人気が高いといえるでしょう。黒のNXでも高値で買取が可能です。

人気のオプション

安全性能の高さが人気のレクサスNXですが、パノラミックビューモニターのオプションも人気があります。これは左右前後に搭載したカメラ画像の組み合わせによって、車体を上空から見下ろしたような視野が得られる機能です。

縦列駐車や狭い路地などでの死角をカバーし、車両間隔を補うのに役立ちます。売却時にはプラス査定が期待できますので、つけておきたいオプションのひとつです。

また、海外でも人気のレクサスNXは、買取後に海外に転売することも多いといえるでしょう。そういった理由から、海外で評価の高いオプションをつけておくことも評価アップにつながります。

オープンカーの需要が高い海外では、天井にムーンルーフが取り入れられたNXが人気です。外からの光を取り込み、車内を明るくするムーンルーフは、車内の快適性能を高めます。

日本では、取り入れられることが少ないといえますが、買取市場では高く評価されるオプションです。

レクサスに乗るとかかる維持費を教えます!SUVは費用も高い?

レクサスNXは査定に出すと高い評価が期待できる!

いかがでしたか?レクサスNXには非常に高い残価率がみられますので、買取に出すと高値が提示されることが多いでしょう。F SPORTや version Lといいた人気のグレードであれば、高値がつきやすくなります。

そのほかにも、ガソリン車は高額査定が期待できるなどのポイントもありますので、要点をおさえておくことで高く評価される1台です。

いずれにせよ、年式が古くなると買取価格に影響が出るので、レクサスNXはできるだけ早めに査定を依頼しましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報